薬膳ごはん yakuzen gohan

日々の生活に取り入れられる薬膳のレシピを紹介していきます。

鶏と香味野菜の甘酢あえ 夏の薬膳

暑さによる熱中症対策はもちろんですが、からだも疲れがちなので食欲を落とさないことも大切です。食材だけでなく調味料も工夫するとより夏の不調を防いでくれます。酢は疲労回復効果や食欲と消化の促進効果があり、夏の養生にはかかせないものです。 本格的…

レタスのアンチョビ炒め 夏の薬膳

日本の夏は暑さだけでなく湿気も多いので、むくみや胃腸の不調も起こりがちです。特に梅雨の時期は湿気が多いので、身体にも湿気がたまりにくいよう気をつけるとよいです。初夏においしくなるレタスは身体の余分な湿気を取り除いてくれます。 日本の夏は、暑…

パプリカの豆腐入り肉詰め 夏の薬膳

暑さが続くと身体に熱がこもり、イライラしたりそわそわと落ち着きがなくなったりすることがあります。夏の食養生では、気温や太陽から受けた熱を身体にこもらないよう、身体を潤したり、熱を冷ましたりすることがポイントです。身体を潤す豚肉や豆腐と、イ…

ひじきとトマトのツナサラダ 夏の薬膳

立夏を過ぎ暦の上では夏。心臓や血管に負担がかかりやすい季節になります。熱中症の予防や梅雨のむくみ対策にも、今から心臓の働きを補い、血液と水分の循環を良くすることが大切です。ひじきなど常備している食材ですぐ作れる夏の養生サラダです。 暦の上で…

レバー入りミートボールのトマト煮 春の薬膳

貧血にもっとも効果のある食材といえば、レバー。東洋医学では、“以臓補臓”という考えからも貧血にはレバーを取り入れます。苦手な人でも食べやすいようにミートボールにしてトマトで煮込みました。 春に限らず貧血の方が多くいらっしゃいますが、そのような…

イカとグリーンピースのカレーピラフ 春の薬膳

春に負担がかかる臓器である“肝”は、血液をストックする役割があります。日頃から貧血になりやすい方はいつも以上に貧血に注意したいのが春です。血液を補ってくれるイカと胃腸の機能を高めてくれるグリーンピースのカレーピラフです。 春の臓器である肝の働…

柑橘とクレソンのサラダ 春の薬膳

春は仕事もプライベートも忙しくなりがちな時期。身体も溜め込む冬から、外に向かってのびる春を迎え大忙しに。いつも以上にストレスや疲れがたまりやすい季節ですので、こまめに発散していくことが必要です。クレソンや柑橘類は春に高ぶりがちな肝の気を収…

あさりとごぼうの豆乳クラムチャウダー 春の薬膳⑨

寒い日が続くものの立春を迎え暦の上では春に入りました。身体にたまっていた余分なものを出し、肝臓の解毒機能をアップしておくと春本番の準備となります。肝機能を高めるあさりやデトックス効果の高いごぼうなどこの時期に摂っておきたい食材です。また、…

ニラと白菜のエビ炒め 冬の薬膳⑨

小寒、大寒は1年で最も寒い時期になり、冬の養生の総仕上げの時期です。身体を温めてくれる食材をできるだけ取り入れ、寒さに負けないようにしたいもの。起陽草ともいわれるニラと身体を温め腎を補うエビの炒め物です。 身体を冷やすとよくない、と最近では…

長芋と大根のポン酢漬 冬の薬膳⑧

年末年始は御馳走や甘いものが多く胃腸に負担がかかりがち。お食事の量を調整することも必要ですが、消化を促進し調子を整えてくれるものを摂るのも一つです。ポン酢で漬けておくだけで箸休めにも使えるので、ちょっと余ったときに常備しておくのもよいです…

ほうれん草のごまくるみあえ 冬の薬膳⑦

冬は身体のベースを作る季節で、腎を補ってくれる食材を積極的に摂るとよいです。オススメなのが黒ごまやくるみなど手軽に取り入れられる食材。和え物だけでなく、彩りにふりかけたり、間食で取り入れたりしてみてください。 東洋医学で冬に大切にしたい臓器…

山芋ときのこの味噌チーズ焼き 秋の薬膳⑧

季節の変わり目を土用といいますが、土用は胃腸や粘膜などが弱りやすい時期です。この時期にとりたいものの一つが発酵食品です。チーズと味噌をいれて焼くだけなので、あと一品という時も役立つレシピです。 夏の土用にうなぎを食べる、という習慣は広くひろ…

蓮根ときのこのきんぴら 秋の薬膳⑦

今年の秋は雨が多く、乾燥ではなく湿気が多い季節でした。からだの余分な湿気を取り除くには、唐辛子など辛いものがオススメです。秋の食材と組み合わせて、肺の気を強くして秋の後半を心地よく過ごしましょう。 秋の季節の特徴は乾燥ですが、今年は曇りや雨…

豆腐ステーキ 秋の薬膳⑥

秋から冬は乾燥しやすい季節。本格的な秋になれば空気も乾燥し、のどや肌が荒れやすくなります。白い食材や粘膜を強くする食材をよくとることで乾燥対策をしっかりしておくことが大切です。はちみつは、肺や肌を潤し、殺菌力も高いので乾燥しやすい秋にオス…

大根とレンコンのツナサラダ <秋の薬膳>

暑さが残っていても暦の上では秋になったら、秋のカラダ作りをしていくことが大切です。夏の暑さで乾いたカラダにしっかりと潤いを与えるのに、白い食材を積極的に取り入れましょう。カラダを潤すだけでなく、胃腸を整えるのにも使えるレシピです。 8月後半…

イワシとズッキーニのオーブン焼き <夏の薬膳>

夏は暑さや汗をかくことで血流や心臓に負担がかかりがちです。からだの水分だけでなく、血液中の水分も少なくなり血液も流れが悪くなります。血液をサラサラにして夏の疲れを予防しましょう。 暑さが本格的になると、からだも暑さに慣れてきます。一方で、暑…

じゃがいもカレーおやき 夏の薬膳

湿度が高くなってきたり、クーラーの中にいることが多かったりすると汗をうまくかけず余分な水分が出しにくくなります。そんな時は香辛料を使って気血の流れを良くすることも有効です。カレー粉は胃腸の働きをよくしたり発汗作用を促したりと夏に活用したい…

ワカメと梅干しのスープ 夏の薬膳⑧

梅雨に入ると湿度も高く、からだもむくみがちになります。夏の養生のポイントの一つとして、からだの水分代謝をよくすることがあげられます。むくみ対策だけでなく、暑さが本番を迎える時期の熱中症予防にも今から水分代謝をよくしておくことが重要です。 夏…

アスパラとトマトのケチャップライス 夏の薬膳⑦

ゴールデンウィーク前後より夏を思わせる天気が多くなります。暦の上でも立夏を迎え、からだも夏に向けた準備を始める頃です。水分代謝を調整し、日差しに負けないからだをしっかり作ることで夏バテや熱中症を予防しましょう。 暦の上では、5月5日頃の立夏…

春の野菜餃子 春の薬膳⑧

あたたかい日が多くなってくる4月は春の最後の時期です。肝臓の疲れも溜まってくるころで、皮膚のかゆみや胃腸の不調がでる人もいます。春の養生をしっかりおこなって、体調を万全にして新年度をスタートさせてください。 春分を過ぎれば本格的な春が到来し…

青菜のおひたし 春の薬膳⑦

気候もよく行楽に出かけたくなるのが春、という人より、春は花粉症でツラいと悩む人の方が多くなってきたかもしれません。花粉症の症状はよくならないもの、と思っている方もいるかもしれませんが、しっかりと養生をすればかなり改善されることもあります。…

鶏肉のマーマレード煮 春の薬膳⑥

少しずつ暖かくなってきたのに、何だか疲れやすい、という方もいるかもしれません。自然界だけでなく、からだも活発に動き出すのが春ですが、そのエネルギーを補うことも大切です。元気を補う鶏肉と気の巡りをよくする柑橘類で、疲れをとって元気を取り戻す…

あさりとセリのお味噌汁 春の薬膳⑤

春は進学や異動、転居など何かとストレスが多い時期です。さらに花粉症、飲み会、花見など肝臓もフル稼働…春の臓器である”肝”はストレスやお酒に弱い臓器なので、”肝”をいたわった養生が大切です。春の食材を使った薬膳を取り入れて、気持ちよい春を迎えられ…

黒米と生姜のごはん 冬の薬膳⑥

1月から2月にかけて最も寒い時期となり、からだも冬の養生をしっかりすることが大切です。冬は黒い食材をとるとよいと言います。その代表的なものの一つが黒米です。生姜で冷えもしっかりとることができます。 中医学では、五行という考え方があり、臓器の…

鶏肉の八角入り甘煮 冬の薬膳⑤

暖冬といっても寒さはからだを消耗します。熱々のお鍋はちょっと、という場合でもからだをあたためる食材をこの時期しっかり摂っておくことが大切です。食べたときのボリュームもあり、おかずにもお弁当にもオススメです。 冬は”腎”という臓器の負担が大きい…

玉ねぎとアンチョビのドレッシング 冬の薬膳④

冬は寒さからも血液の流れが滞りがちです。玉ねぎや背の青い魚は血液をサラサラにし、流れをスムーズにしてくれる食材です。ドレッシングにすることで毎日の食事に取り込みやすくなります。また、疲れたときにもオススメの組み合わせで、蒸し野菜や鶏肉など…

牡蠣とブロッコリーのソテー 冬の薬膳③

冬は”腎”に負担がかかる季節です。滋養強壮作用のある食材の多くは腎を補ってくれます。魚介類の多くが腎を補うものですが、牡蠣もその一つ。ミネラルも多く含みすぐれた栄養バランスの食材です。 冬に取りたい食材は免疫力を高めたり、強壮作用のあるものが…

酒粕の豚汁 冬の薬膳②

暦の上では立冬から大寒までの3ヶ月が冬です。日に日に寒さが厳しくなるなか、からだの芯から温める酒粕は冬にとりたいものの一つです。毎日のお味噌汁に足すだけでも十分からだがあたたまります。また、冬は豚肉をはじめとした”腎“を補う食材をとることが…

ゆり根とクリームチーズの卵焼き 秋の薬膳④

乾燥し肺に負担がかかりがちな秋には白いものを取り入れるとよいとされます。秋に食べたい食材の一つ、ゆり根を使った卵焼きです。お弁当にも、一品足りないときにも使える簡単レシピです。精神を落ち着かせる効果もあるので、何となく不安感があったり眠れ…

秋野菜のはちみつマリネ 秋の薬膳③

秋の野菜をたくさん使ったはちみつ入りのマリネです。秋の野菜やはちみつには、秋に弱くなる粘膜を強くするものがたくさん含まれています。簡単に作れるので、秋の常備菜としてもオススメです。 夏は暑さに対処するかが重要ですが、秋の初めには、からだにこ…

豆腐とオクラのスープ 夏の薬膳⑥

前回に引き続き、夏の薬膳です。昆布茶を使った豆腐とオクラのスープ。からだの水分を補いながら、疲労回復、食欲不振を解消するレシピです。 立秋を過ぎると暑い日が続いても徐々に自然もからだも秋への準備を始めます。夏の疲れは夏のうちに解消し、秋への…

スイカとトマトのジュース 夏の薬膳⑤

前回に引き続き、夏の薬膳です。今回も夏の暑さを上手にしのぐレシピで、『スイカとトマトのジュース』です。熱中症の予防だけでなく、熱中症や暑気あたりになったかも、と思ったときに飲むとよいでしょう。 暑い日には冷たいものがおいしく感じます。アイス…

ゴーヤと豚肉のひやむぎ 夏の薬膳④

夏は心臓に負担がかかりやすい季節のため、中医学では“心”を大切にする養生が必要な季節とされています。“心”には、単純に心臓だけではなく、血管や精神状態のことも含まれています。たとえば暑くて汗をかくと、血液中の水分量も減り、血液の濃度が濃くなり…

きゅうりの梅肉あえ 夏の薬膳③

夏は暑いものですが、あまりに暑いとからだに悪い影響を及ぼすことがあります。いわゆる熱中症や暑気あたりです。中医学では、悪影響を及ぼす暑さのことを“暑邪(しょじゃ)”といいます。意外に気がついていない人も多いのですが、夏風邪だと思っていたら暑…

もやしとらっきょうのサラダ 梅雨の薬膳①

本格的な夏を前に、じめじめとした梅雨の季節があります。雨や曇りの日が続き、湿度が高くなるのがこの時期の特徴ですが、体の中も同様に湿気が溜まりやすい季節です。 体の中に湿気が溜まると次のような症状がでます。 体の中に湿気が溜まったときに出やす…

にらの花椒ソース 便秘の薬膳③

今回は冷えタイプの便秘の薬膳です。 (便秘のタイプの紹介はこちらから▶︎便秘の薬膳①) 冷えタイプの便秘では、冷えることにより、腸のぜんどう運動が弱まり、便秘になるタイプです。もともと冷え性の人の人に多く、お腹やからだを温め、腸のぜんどう運動を…

便秘の薬膳② きのこと種実のいろいろ炒め

便秘の薬膳①で便秘にはさまざまなタイプがあることを取り上げましたが、今回は女性に多い貧血タイプの便秘の薬膳です。 貧血タイプの便秘では、貧血によりからだの水分量が少なくなっているため、腸内の水分も少なくなり、便秘になっているタイプです。貧血…

便秘のタイプ 便秘の薬膳①

病気ではないけれども、すっきりしないと日々快適に過ごせないものの一つに便秘があげられるでしょう。多くの方が悩んでおり、便秘薬や健康食品、改善すると言われる解消法を試すものの、改善がみられない、というケースも少なくありません。また長いあいだ…

ごまとレーズンのグラノーラ 春の薬膳④

春の薬膳②に引き続き、“肝”と血液を補う薬膳です。少し食欲のないときや、疲れた時にオススメです。もちろん貧血予防にもよいので、貧血になりやすい人は朝食として取り入れてみてください。また、どの食材も栄養価が高く、抗酸化作用の高いものばかりですの…

うどと菜の花の酢味噌和え 春の薬膳③

前回に引き続き、今回も春の薬膳です。(前回まではこちら → 春の薬膳①、春の薬膳②) 春は肝臓に負担のかかりやすい季節ですが、送別会や歓迎会、お花見などお酒の席も多く、ますます肝臓は忙しい季節です。いつもの食卓に、デトックス効果のある食材を取り…

鶏レバーの甘辛煮 春の薬膳②

春の薬膳①でもあるように、春に関連のある臓器は“肝”と言います。すなわち肝臓で肝臓の働きに負担がかかりやすい季節です。 春の食養生では、“肝”の働きを助けるためにデトックス効果のあるものを積極的にとるのも一つですが、“肝“そのものを強くすることも…

春菊とかぶのサラダ 春の薬膳①

春は、立春から立夏までの3ヶ月を指します。植物が冬に地中で蓄えたエネルギーを芽吹きや発芽に使うのと同じように、人のからだもまた、冬に蓄えたエネルギーを外に向かって放っていく傾向があります。また、日も長くなり、陽気も暖かくなってくることから…

お茶 ー気軽に薬膳②ー

(写真の順番:左から緑茶、ジャスミン茶、杜仲茶。茶葉は、左からジャスミン茶、緑茶、杜仲茶) 薬膳は日々の生活に取り入れて続けていくと、体質の改善や健康の維持につながります。もっとも取り入れやすいもののひとつにお茶があげられるでしょう。体質に…

山芋入りエビグラタン 冬の薬膳①

東洋医学では、冬の特徴を“蔵”といいます。春の芽吹きに備え、エネルギーを蓄えている状態です。また、関連する臓器は“腎”といい、現代の西洋医学における腎臓や生殖器などが該当し、人にもともと備わっている生命のエネルギーを蓄えているとも考えます。こ…

銀杏ごはん 秋の薬膳②

秋の薬膳①でもありましたが、秋は空気が乾燥するので、肺の機能を補うような食養生が重要になります。秋に旬を迎える食べ物に、そのようなものが多くありますが、その一つとして銀杏があげられます。銀杏は肺の機能を高める効果に優れています。なお、銀杏と…

ゆり根と白きくらげのスープ 秋の薬膳①

中医学では、季節の特徴をそれぞれ表す言葉と、関係する臓器やからだの機能を示す、五行というのもがあります。秋は、臓器は「肺」、特徴を「燥(そう)」、として表します。秋になると乾燥して、空咳がでる、ということをうまく言い表しています。 薬膳、食…

はちみつのアメ ー気軽に薬膳①ー

薬膳がからだにいいのはわかるけど、わざわざ作るのも面倒、という方も多いと思います。薬膳の定義は、漢方薬を使った料理、ではありません。からだの症状にあわせた食べ物を、おいしく食べられること、そして続けることです。 そんなときに活躍するものの一…

貝柱とセロリの炒め物 ーイライラ・不眠・高血圧の薬膳ー

中医学では、同じ病気でも違う治療を行ったり、同じ治療でも違う病気を治療したりすることがあります(同病異治(どうびょういち)といいます)。 今回のレシピは、主に二つの症状に効果があります。 症状① 更年期などのイライラや不眠更年期(更年期障害の…

トウモロコシとハトムギのごはん 夏の薬膳③

日本は他の国に比べて高温多湿であるため、多くの方がからだに水分がたまりやすくなります。湿度が高くなる梅雨の時期はもちろんですが、食べ物や飲み物によっても水分をためやすくなってしまいます。 例えば、甘いものや冷たいもの。アイスクリームや冷たい…

冬瓜と豚肉のスープ 夏の薬膳②

前回は夏の暑さを取り除くレシピでしたが、今回はそれに加えて、からだの水分を補ったり、汗と一緒に流れ出てしまった”気”を補うレシピです。 夏の暑さがこもったままだと、からだがほてったり、のどがよく渇いたりします。 からだにたまった熱をそのままに…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...