薬膳ごはん yakuzen gohan

日々の生活に取り入れられる薬膳のレシピを紹介していきます。

茄子の肉味噌のせ 秋の薬膳⑨

立秋を迎えると夏から秋へと少しずつ季節が移っていきます。食事も単純に身体を冷やすだけでなく、冷やしすぎない工夫を取り入れるとよいです。身体の余分な熱を摂るのに優れた茄子は、冷えすぎないよう薬味と一緒にとるのがおすすめです。 立秋を過ぎると少…

春雨の酸辣スープ 夏の薬膳

湿気が多い時やクーラーの部屋に長くいると夏でも汗がかけないこともあり、熱中症の原因ともなります。酸味と辛味を組み合わせた味は、適度に汗もかきつつ出過ぎないようにしてくれます。食欲も増し夏バテの予防にもなる酸辣スープは、夏の時期におすすめで…

鶏と香味野菜の甘酢あえ 夏の薬膳

暑さによる熱中症対策はもちろんですが、からだも疲れがちなので食欲を落とさないことも大切です。食材だけでなく調味料も工夫するとより夏の不調を防いでくれます。酢は疲労回復効果や食欲と消化の促進効果があり、夏の養生にはかかせないものです。 本格的…

レタスのアンチョビ炒め 夏の薬膳

日本の夏は暑さだけでなく湿気も多いので、むくみや胃腸の不調も起こりがちです。特に梅雨の時期は湿気が多いので、身体にも湿気がたまりにくいよう気をつけるとよいです。初夏においしくなるレタスは身体の余分な湿気を取り除いてくれます。 日本の夏は、暑…

パプリカの豆腐入り肉詰め 夏の薬膳

暑さが続くと身体に熱がこもり、イライラしたりそわそわと落ち着きがなくなったりすることがあります。夏の食養生では、気温や太陽から受けた熱を身体にこもらないよう、身体を潤したり、熱を冷ましたりすることがポイントです。身体を潤す豚肉や豆腐と、イ…

ひじきとトマトのツナサラダ 夏の薬膳

立夏を過ぎ暦の上では夏。心臓や血管に負担がかかりやすい季節になります。熱中症の予防や梅雨のむくみ対策にも、今から心臓の働きを補い、血液と水分の循環を良くすることが大切です。ひじきなど常備している食材ですぐ作れる夏の養生サラダです。 暦の上で…

レバー入りミートボールのトマト煮 春の薬膳

貧血にもっとも効果のある食材といえば、レバー。東洋医学では、“以臓補臓”という考えからも貧血にはレバーを取り入れます。苦手な人でも食べやすいようにミートボールにしてトマトで煮込みました。 春に限らず貧血の方が多くいらっしゃいますが、そのような…

イカとグリーンピースのカレーピラフ 春の薬膳

春に負担がかかる臓器である“肝”は、血液をストックする役割があります。日頃から貧血になりやすい方はいつも以上に貧血に注意したいのが春です。血液を補ってくれるイカと胃腸の機能を高めてくれるグリーンピースのカレーピラフです。 春の臓器である肝の働…

柑橘とクレソンのサラダ 春の薬膳

春は仕事もプライベートも忙しくなりがちな時期。身体も溜め込む冬から、外に向かってのびる春を迎え大忙しに。いつも以上にストレスや疲れがたまりやすい季節ですので、こまめに発散していくことが必要です。クレソンや柑橘類は春に高ぶりがちな肝の気を収…

あさりとごぼうの豆乳クラムチャウダー 春の薬膳⑨

寒い日が続くものの立春を迎え暦の上では春に入りました。身体にたまっていた余分なものを出し、肝臓の解毒機能をアップしておくと春本番の準備となります。肝機能を高めるあさりやデトックス効果の高いごぼうなどこの時期に摂っておきたい食材です。また、…

ニラと白菜のエビ炒め 冬の薬膳⑨

小寒、大寒は1年で最も寒い時期になり、冬の養生の総仕上げの時期です。身体を温めてくれる食材をできるだけ取り入れ、寒さに負けないようにしたいもの。起陽草ともいわれるニラと身体を温め腎を補うエビの炒め物です。 身体を冷やすとよくない、と最近では…

長芋と大根のポン酢漬 冬の薬膳⑧

年末年始は御馳走や甘いものが多く胃腸に負担がかかりがち。お食事の量を調整することも必要ですが、消化を促進し調子を整えてくれるものを摂るのも一つです。ポン酢で漬けておくだけで箸休めにも使えるので、ちょっと余ったときに常備しておくのもよいです…

ほうれん草のごまくるみあえ 冬の薬膳⑦

冬は身体のベースを作る季節で、腎を補ってくれる食材を積極的に摂るとよいです。オススメなのが黒ごまやくるみなど手軽に取り入れられる食材。和え物だけでなく、彩りにふりかけたり、間食で取り入れたりしてみてください。 東洋医学で冬に大切にしたい臓器…

山芋ときのこの味噌チーズ焼き 秋の薬膳⑧

季節の変わり目を土用といいますが、土用は胃腸や粘膜などが弱りやすい時期です。この時期にとりたいものの一つが発酵食品です。チーズと味噌をいれて焼くだけなので、あと一品という時も役立つレシピです。 夏の土用にうなぎを食べる、という習慣は広くひろ…

蓮根ときのこのきんぴら 秋の薬膳⑦

今年の秋は雨が多く、乾燥ではなく湿気が多い季節でした。からだの余分な湿気を取り除くには、唐辛子など辛いものがオススメです。秋の食材と組み合わせて、肺の気を強くして秋の後半を心地よく過ごしましょう。 秋の季節の特徴は乾燥ですが、今年は曇りや雨…

豆腐ステーキ 秋の薬膳⑥

秋から冬は乾燥しやすい季節。本格的な秋になれば空気も乾燥し、のどや肌が荒れやすくなります。白い食材や粘膜を強くする食材をよくとることで乾燥対策をしっかりしておくことが大切です。はちみつは、肺や肌を潤し、殺菌力も高いので乾燥しやすい秋にオス…

大根とレンコンのツナサラダ <秋の薬膳>

暑さが残っていても暦の上では秋になったら、秋のカラダ作りをしていくことが大切です。夏の暑さで乾いたカラダにしっかりと潤いを与えるのに、白い食材を積極的に取り入れましょう。カラダを潤すだけでなく、胃腸を整えるのにも使えるレシピです。 8月後半…

イワシとズッキーニのオーブン焼き <夏の薬膳>

夏は暑さや汗をかくことで血流や心臓に負担がかかりがちです。からだの水分だけでなく、血液中の水分も少なくなり血液も流れが悪くなります。血液をサラサラにして夏の疲れを予防しましょう。 暑さが本格的になると、からだも暑さに慣れてきます。一方で、暑…

じゃがいもカレーおやき 夏の薬膳

湿度が高くなってきたり、クーラーの中にいることが多かったりすると汗をうまくかけず余分な水分が出しにくくなります。そんな時は香辛料を使って気血の流れを良くすることも有効です。カレー粉は胃腸の働きをよくしたり発汗作用を促したりと夏に活用したい…

ワカメと梅干しのスープ 夏の薬膳⑧

梅雨に入ると湿度も高く、からだもむくみがちになります。夏の養生のポイントの一つとして、からだの水分代謝をよくすることがあげられます。むくみ対策だけでなく、暑さが本番を迎える時期の熱中症予防にも今から水分代謝をよくしておくことが重要です。 夏…

アスパラとトマトのケチャップライス 夏の薬膳⑦

ゴールデンウィーク前後より夏を思わせる天気が多くなります。暦の上でも立夏を迎え、からだも夏に向けた準備を始める頃です。水分代謝を調整し、日差しに負けないからだをしっかり作ることで夏バテや熱中症を予防しましょう。 暦の上では、5月5日頃の立夏…

春の野菜餃子 春の薬膳⑧

あたたかい日が多くなってくる4月は春の最後の時期です。肝臓の疲れも溜まってくるころで、皮膚のかゆみや胃腸の不調がでる人もいます。春の養生をしっかりおこなって、体調を万全にして新年度をスタートさせてください。 春分を過ぎれば本格的な春が到来し…

青菜のおひたし 春の薬膳⑦

気候もよく行楽に出かけたくなるのが春、という人より、春は花粉症でツラいと悩む人の方が多くなってきたかもしれません。花粉症の症状はよくならないもの、と思っている方もいるかもしれませんが、しっかりと養生をすればかなり改善されることもあります。…

鶏肉のマーマレード煮 春の薬膳⑥

少しずつ暖かくなってきたのに、何だか疲れやすい、という方もいるかもしれません。自然界だけでなく、からだも活発に動き出すのが春ですが、そのエネルギーを補うことも大切です。元気を補う鶏肉と気の巡りをよくする柑橘類で、疲れをとって元気を取り戻す…

あさりとセリのお味噌汁 春の薬膳⑤

春は進学や異動、転居など何かとストレスが多い時期です。さらに花粉症、飲み会、花見など肝臓もフル稼働…春の臓器である”肝”はストレスやお酒に弱い臓器なので、”肝”をいたわった養生が大切です。春の食材を使った薬膳を取り入れて、気持ちよい春を迎えられ…

黒米と生姜のごはん 冬の薬膳⑥

1月から2月にかけて最も寒い時期となり、からだも冬の養生をしっかりすることが大切です。冬は黒い食材をとるとよいと言います。その代表的なものの一つが黒米です。生姜で冷えもしっかりとることができます。 中医学では、五行という考え方があり、臓器の…

鶏肉の八角入り甘煮 冬の薬膳⑤

暖冬といっても寒さはからだを消耗します。熱々のお鍋はちょっと、という場合でもからだをあたためる食材をこの時期しっかり摂っておくことが大切です。食べたときのボリュームもあり、おかずにもお弁当にもオススメです。 冬は”腎”という臓器の負担が大きい…

玉ねぎとアンチョビのドレッシング 冬の薬膳④

冬は寒さからも血液の流れが滞りがちです。玉ねぎや背の青い魚は血液をサラサラにし、流れをスムーズにしてくれる食材です。ドレッシングにすることで毎日の食事に取り込みやすくなります。また、疲れたときにもオススメの組み合わせで、蒸し野菜や鶏肉など…

牡蠣とブロッコリーのソテー 冬の薬膳③

冬は”腎”に負担がかかる季節です。滋養強壮作用のある食材の多くは腎を補ってくれます。魚介類の多くが腎を補うものですが、牡蠣もその一つ。ミネラルも多く含みすぐれた栄養バランスの食材です。 冬に取りたい食材は免疫力を高めたり、強壮作用のあるものが…

酒粕の豚汁 冬の薬膳②

暦の上では立冬から大寒までの3ヶ月が冬です。日に日に寒さが厳しくなるなか、からだの芯から温める酒粕は冬にとりたいものの一つです。毎日のお味噌汁に足すだけでも十分からだがあたたまります。また、冬は豚肉をはじめとした”腎“を補う食材をとることが…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...