読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳ごはん yakuzen gohan

日々の生活に取り入れられる薬膳のレシピを紹介していきます。

ハイビスカスゼリー 夏の薬膳① 

f:id:yoshiko1260:20140803185250j:plain

 

 

ここ最近は、猛暑日が連日となることも珍しくなくなってきました。

水分補給はもちろんですが、日々の食事で暑さをやわらげるメニューを取り入れて、暑さに負けないよう毎日を過ごしたいものです。

 

食べ物の中には、夏の暑さをからだから上手に取り除いてくれる食材があります。

ハイビスカスティーやレモンには解暑という作用があり、夏の暑さをからだから取り除いてくれる作用があります。

また、甘酸っぱいものには酸味は汗を止める作用あります。

熱中症予防になりますので、海水浴や遊園地など暑い中外出する前にいただくのがオススメです。

 

ただし、甘いものや冷たいものの食べ過ぎで胃腸の働きが弱っていたり(いわゆる夏バテで食欲がない状態)、クーラーの効いたオフィスで冷え性になってしまっている方は、たくさん食べないよう気をつけてください。

(からだや胃腸を冷やしすぎたり、からだの中の水分がたまりすぎるためです。)

 

ハイビスカスゼリー

<材料> (2〜3個分)

  • ハイビスカス ・・・・ ティースプーン 山盛り2杯
  • レモン    ・・・・ 1/2個
  • 白砂糖    ・・・・ 大さじ1+1/2
  • 粉ゼラチン  ・・・・ 10g
  • お湯     ・・・・ 2カップ
  • ミント    ・・・・ 適量

 (シロップ)

  • 水      ・・・・ 10cc
  • 白砂糖    ・・・・ 大さじ1

ハイビスカス、粉ゼラチンは、お使いのものによって量が異なりますので、お使いのものにより調整してください。

<作り方>

  1. レモンを搾っておく。果肉も入れておく。(果肉があることで食感にアクセントが出ます)

  2. ハイビスカスにお湯を注ぎ、2分ほど待ってこす。
  3. 2に白砂糖をいれ溶かす。1を入れた後、熱いうちに粉ゼラチンを入れ溶かす。
  4. 3を容器にいれ、あら熱がとれたら冷蔵庫にいれ30分ほど冷やす。
  5. シロップ用の水と白砂糖を小さめの鍋にいれ、一煮立ちさせて冷やす。
  6. 4にシロップをかけ、ミントを飾る。

 

ハイビスカスティーはゼラチンを入れるときれいに赤色が出ません。レモンまたはクエン酸を加えることできれいに赤色が出ます。

ハイビスカスティーの濃さ、甘さ、ゼリーの固さなどはお好みで変更してください。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...