読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬膳ごはん yakuzen gohan

日々の生活に取り入れられる薬膳のレシピを紹介していきます。

山芋入りエビグラタン 冬の薬膳①

f:id:yoshiko1260:20150124140753j:plain

東洋医学では、冬の特徴を“蔵”といいます。春の芽吹きに備え、エネルギーを蓄えている状態です。また、関連する臓器は“腎”といい、現代の西洋医学における腎臓や生殖器などが該当し、人にもともと備わっている生命のエネルギーを蓄えているとも考えます。
この“腎”の気が損なわれると、いわゆる老化の症状がでます。たとえば、腰痛、耳鳴り、頻尿などです。老年の方でなくでもこれらの症状がでる事があり、寒さを我慢して腰を冷やし、腰痛になったりします。また、生殖器にも関連しますので、“腎”の気が損なわれると不妊症などの原因にもなります。
特に腰や下半身の冷えは、“腎”の気を損なう事になります。足腰が冷えて、お小水がちかくなるのも“腎”に関連する作用です。
冬にしっかりと“腎”の気を補う事で、冬の寒さからからだを守り、春に向かう準備ができます。また、“腎”の気を補う事は、アンチエイジング効果もあります。

冬の食養生の基本は、暖かい状態のものを食べることがまず大切ですが、食材もからだを温めるものや“腎”の気を補うものをとるとよいでしょう。
また、空気が乾燥し、皮膚やのどが乾燥しますので、からだを潤すことも大切です。

 

海老・蝦(エビ)

日本人はエビ好きとよく言われますが、エビは“腎”の気を補い、からだを温める代表的な食べ物です。足腰の冷え、食欲不振に適用し、体力回復の効用があるとされます。また、母乳のでをよくするとも言われます。
現代の栄養学では、高タンパク、低脂肪で、糖質がゼロなので、ダイエットに向いている食材とされています。また、血中コレステロールの低下や動脈硬化の予防に効果があるタウリンが多く含まれており、殻にはカルシウムや抗酸化作用のあるアスタキサンチンなどが含まれています。できれば殻ごと食べるのがよいでしょう。

山芋・山薬(ヤマイモ

ヤマイモは芋類のなかで、唯一生食できる種類で、長芋、大和芋、自然薯(じねんじょ)などがあり、とろろ芋として食べる事も多いでしょう。
漢方薬では“山薬”(さんやく)と言われ、元気を補ったり、食欲不振などに効果があります。
漢方薬は、ヤマイモを乾燥させたものですので基本的には食材でも漢方薬でも同じ効果があります。元気を補ったり守ったりする作用がありますので、“腎”の気を守り固め、頻尿に効果があります。他に、胃腸のはたらきが低下し下痢になっている場合や、肺の機能が低下して咳が止まらないような場合にも効果があります。さらに、食べ過ぎによる糖尿病にも効果があるとされます。
ヤマイモは効果が穏やかで、常食したり、どの年代の方にも取り入れやすい食材です。ただし、食べ過ぎるとおなかがはることがあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

胡桃・胡桃仁(クルミ)

クルミも“腎”の気を補い、からだを温める代表的な食べ物です。耳鳴りや足腰の衰え、乾燥する便秘、肺の機能が弱くなっている場合の咳などに効果があります。また、クルミの形が脳の形に似ているので、記憶力の向上などに効果があるとされ、子供の発育や認知症の予防などにも用いられます(“腎”の気の低下は記憶力低下につながります)。
ナッツですので、当然油分が多く含まれますので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

 

山芋入りエビグラタン

<材料> (2〜3人前)

  • エビ        ・・・・ 10尾(無頭・殻付きで約150g)
  • 山芋        ・・・・ 20g
  • ほうれん草     ・・・・ 80g(1/4束程度)
  • クルミ       ・・・・  3g
  • ピザ用チーズ    ・・・・ 30g
  • パルメザンチーズ  ・・・・ 少々

(ホワイトソース用材料)

  • バター       ・・・・ 60g
  • 薄力粉       ・・・・ 30g
  • 牛乳        ・・・・ 2と1/4カップ
  • 白ワイン      ・・・・ 大さじ2
  • 塩         ・・・・ 小さじ1/3
  • こしょう      ・・・・ 少々

 

<作り方>

  1. エビは殻をむき、背わたをとっておく。山芋はすりおろしておく。ほうれん草はゆでて食べやすい大きさに切っておく。
  2. 熱したフライパンにエビをいれ、白ワインを入れて煮立ったらフタをし蒸し焼きにする。エビの色が変わったら火からおろし、エビと蒸した汁は別々にしておく。(汁はホワイトソースに入れます。)
  3. (ホワイトソース)鍋にバターをいれ弱火でバターを溶かす。完全に溶けたら火からおろし、薄力粉を加え手早く混ぜ、完全に混ざったら中火にかけ、全体をまぜる。全体がふつふつしたら牛乳を加え、なめらかになるまで混ぜ、エビの蒸した汁を加え混ぜながら5分中火で煮つめる。
  4. 火からおろしたホワイトソースに、やまいも、塩、こしょうを加え味を整える。エビとほうれん草をまぜ、グラタン皿にのせる。
  5. ピザ用チーズ、パルメザンチースをかけ、くだいたクルミをのせ、オーブントースターで5分ほど焼く。

 

  

 

iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿 340ml KBT710

iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿 340ml KBT710

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...