薬膳ごはん yakuzen gohan

日々の生活に取り入れられる薬膳のレシピを紹介していきます。

きゅうりとしらすの梅干しごはん 夏の薬膳

f:id:yoshiko1260:20180528173800j:plain

夏は湿気や熱さで食欲が落ちぎみになりますがそんな時こそ食養生が大切。
梅干しは日本の夏には欠かせないものの一つ。
ごはんと一緒に炊くことで酸味もまろやかになり食べやすくなります。

夏は身体の水分を入れ替える時期と考えます。
しっかり水分補給をしつつ、汗をかくことで身体の中から水分をきれいなものに入れ替えていきます。

このお話をすると、

『水分はどれくらい飲むとよいですか?』

『たくさん飲んだ方がよいんですか?』

と質問されます。

答えは、人によって量が違うので摂るべき水分の明確な量はありません。

それぞれの人によって、体重、活動量、内蔵の代謝機能などまちまちです。
例えば、体重85kgの建築現場で働く男性と、体重45kgのオフィスワークの女性では摂るべき水分量は全く異なります。

もし水分をたくさん摂った方がよいと思い、無理にたくさん飲めば、胃腸で吸収できない水分によって胃酸が薄まり、胃腸の働きが落ちてしまいます。
東洋医学では、『胃内停水(いないていすい)』と言い、湿気が消化器官にとどまり、うまく働かなくなっている状態を指します。

摂取した水分の量が多すぎないか確認するには、お小水の色をみていただくのがわかりやすいかと思います。

  • 透明 → 水分の摂取量が多いと考えられます
  • 薄い緑茶の色 → 適量
  • 濃いオレンジ色 → 水分の摂取量が少ないと考えられます

夏場は水分の量が少ないと熱中症になることがありますし、多すぎると夏バテの原因になりますので、日頃より気をつけておくことが夏の不調の予防となります。
  

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain きゅうりとしらすの梅干しごはん

<食材のポイント>  

◆ 梅干し(うめぼし):熱を取り渇きを癒す、胃腸の調子を整える、解毒する

**食材の解説**

梅雨になると梅が一斉に並び始めます。
梅は、梅干しに始まり、梅シロップ、梅酒、梅煮など様々な加工品がありますが、夏を乗り切る知恵がたくさんつまっているものです。

梅干しの効能としては、

  • 口の渇きを収める
  • 余分な熱をとる
  • 胸のつかえをとる
  • 下痢を止める
  • 喉の痛み・口内炎を抑える
  • 殺菌・抗菌作用
  • 酒の酔いをとる

 など多種多様な効能があり、塩漬けにし、発酵食品とすることで生の梅では得られない効能が得られます。

中国では梅と言えば主に烏梅(うばい)が用いられ、梅を薫製にしたもので生薬としても使われます。

『梅は食うとも核食うな』ということわざがあるように、青梅の種にはアミグダリンが含まれており、酵素分解によって青酸になります。
青梅にはこの青酸が含まれているため、食べ過ぎると腹痛を起こします。

一説には、梅干しは梅酢を摂るための副産物で、梅酢は酸が非常に強いため金メッキをするために使われていたとも言われています。

また、中世から兵糧としても用いられていたようで、その殺菌効果や疲労回復効果は昔から薬としても使われていたことがうかがえます。

ごはんに梅干しを入れて炊いたり、お弁当に入れたりしておくと、殺菌・抗菌作用でごはんも傷みにくくなるので、夏場のお弁当にもおすすめです。

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ きゅうり:からだの水分代謝を調整する、余熱をとる
  ▶︎ 詳しくは

きゅうりの梅肉あえ 夏の薬膳③ - 薬膳ごはん yakuzen gohan

 ◆ しらす:気血を補う、元気をつける、筋骨を丈夫にする

 ◆ しそ:気の巡りをよくし胃腸の調子を整える、解毒する

 

<材料>

  • 白米   ・・・・ 2合

  • 梅干し(大)   ・・・・ 1個

  • きゅうり   ・・・・ 1本

  • しらす   ・・・・ 40g

  • しそ   ・・・・ 8枚程度

  • 塩   ・・・・ 小さじ1/4

<作り方>

  1. 白米を梅干しを入れて分量通りの水加減で炊く。

  2. きゅうりは薄い輪切りにし塩揉みをして5分ほどおき、水分をしぼっておく。しそは千切りにして水にさらした後、水分を切っておく。

  3.  1が炊きあがったら、梅干しをくずすようにしてよく混ぜ、2のきゅうりとしらすを混ぜる。お椀に盛りしそを添える。

 

**** 夏におすすめの薬膳レシピ ****          


yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

「龍神梅」 梅干1kg(小粒)丸樽 [その他]

「龍神梅」 梅干1kg(小粒)丸樽 [その他]

 
龍神梅 梅肉エキス 50g

龍神梅 梅肉エキス 50g

 
西洋人参烏梅エキス 細粒 2.2gX30袋

西洋人参烏梅エキス 細粒 2.2gX30袋

 

  
ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

アスパラとそら豆のマスタードポテト 夏の薬膳

f:id:yoshiko1260:20180530160920j:plain

 

今年は初夏から湿度も高め。
アスパラや豆類など初夏の食材には水分代謝をスムーズにしてくれるものが多くあります。
さっぱりとしたポテトサラダで、胃腸を元気にし湿気対策をしてくれるレシピです。

 

日本の夏は湿気が多く、熱さと湿気の両方の対策をすることが非常に大切です。

東洋医学では、悪さをする湿気のことを“湿邪(しつじゃ)”と呼びますが、湿邪には外界から受けるものと、身体の中で発生するものとがあります。
湿邪の多くは身体の中で起こるもので、原因のほとんどは飲食の不摂生によるものです。 

身体の中に湿気を溜めるものとしては、

  • 食べ過ぎ
  • 飲み過ぎ
  • 甘いものが多い
  • 冷たいものの食べ過ぎ
  • 生ものの食べ過ぎ
  • 脂っこいものや味の濃いものの食べ過ぎ

 などです。

梅雨の時期や夏の時期に身体がだるい、頭が重い、食欲がない、むくみやすいなど不調がある方は、食べ物も見直してみるとよいでしょう。

 

湿気を出してくれる食べ物としては、

  • 瓜科のもの(きゅうり、冬瓜など)
  • 豆類(あずき、そら豆、インゲン豆など)
  • トウモロコシ
  • ハトムギ
  • 海草類(わかめ、のりなど)

などがありますので、積極的にとるのもおすすめです。

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain アスパラとそら豆のマスタードポテト

<食材のポイント>  

◆ 空豆・蚕豆(そらまめ):胃腸の働きを高め、余分な水分を排出する

**食材の解説**

さやが天に向かって伸びるのでそらまめ(空豆・天豆)と呼ばれたり、花の姿が蛾(ひいる・蚕の羽化したもの)に似ているためかいこ豆(蚕豆)と呼ばれたり、様々な呼称があります。
世界各地で食べられており、4000年以上も前から食用として栽培されていたようで、日本には奈良時代に伝えられたとされます。
私たちが茹でて食べるのは未成熟の実で、完熟のものは黒っぽくなり煮豆やおたふく豆などに用いられます。 

東洋医学的には、豆の部分に、

  • 胃腸の回復
  • 余分な水分を排出

といった効果があります。

他に、花と葉には止血効果、茎には下痢を止める効果や止血効果、殻は利尿効果があるとされます。

また、そら豆には五臓を利する効果があるとされており、誤って針を飲み込んでしまった場合、そら豆とニラを煮てたくさん食べると排便される、と古い文献には記されています。

栄養素としては、カリウム、ミネラル、ビタミンB群を豊富に含んでいます。

そら豆に限らず豆類は消化しにくいため、胃腸が弱い方は食べ過ぎには注意しましょう。
腎炎の方も負担がかかるので控えめにした方がよいでしょう。

 

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ アスパラ:からだの水分代謝を調整する、余熱をとる

 ◆ じゃがいも:胃腸を丈夫にする、元気をつける

 

<材料>(2人分)

  • アスパラガス    ・・・・ 1/2束

  • そら豆       ・・・・ 1/2袋

  • じゃがいも(中)       ・・・・ 2個

  • マスタード    ・・・・ 大さじ1+1/2

  • オリーブオイル       ・・・・ 小さじ1

  • 塩       ・・・・ 小さじ1/2

<作り方>

  1. そら豆を茹で、皮をむき半分に割る。アスパラガスを茹で、食べやすい大きさに切っておく。

  2. じゃがいもを蒸し、皮をむく。熱いうちにざっくりとつぶし、マスタード、オリーブオイル、塩を加えて混ぜる。

  3. 2に1を加えて混ぜる。

 

**** 夏におすすめの薬膳レシピ ****          

 

 yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

そら豆醤油 500ml

そら豆醤油 500ml

 
そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)

 
そらまめくんとめだかのこ (こどものとも傑作集)

そらまめくんとめだかのこ (こどものとも傑作集)

 
そらまめくん S

そらまめくん S

 

 
ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

人参とクコの実のラペ 春の薬膳

f:id:yoshiko1260:20180320183504j:plain

春におすすめの薬膳食材の一つクコの実。
買ったもののどう使えば良いかわからず持て余している方も多いようです。
クコの実と人参と組み合わせた、目や身体を潤す春におすすめのレシピです。

 

春は肝臓の季節ですが、その肝臓の状態を把握するのにわかりやすい部位が東洋医学では“目”とされています。
肝臓は血液を蓄えておく部位ですが、その血液が少なくなると

  • 視力の低下
  • 夜盲症
  • ドライアイ

など目の症状も出てきます。

東洋医学では、血液のもっともきれいな上澄みの部分のことを“精血(せいけつ)”と言い、この精血が目に行くことでものが見えると考えています。

しかし、現代の生活は昔以上に目を良く使うことが多いです。
例えば、テレビやパソコン、スマートフォンを使う頻度が高いと精血を消耗しがちです。
また、ストレスが多かったり、頭を使う作業が多かったりすると血液全体も減りやすく、精血も減りやすくなります。

血液は毎日生産され破壊されていますので、毎日血液の原料を供給することが大事です。
更に、血液のリニューアルには5〜6ヶ月程度かかると言われます。
目の症状に思い当たる方や貧血の人は、継続的に血液を補うものを摂ると良いでしょう。

 


f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 人参とクコの実のラペ

<食材のポイント>  

◆ 枸杞(クコ):肝腎を補う、目に良い

**食材の解説**

クコの実(ゴジベリー)は薬膳食材の代表格で、スーパーフードとしても近年取り上げられましたので知っている方も多いでしょう。

東洋医学的には、五臓の肝と腎を補うとされ、肝腎不足による腰のだるさや男性不妊、めまいを改善するとされています。
また、貧血を改善し視力の低下などの改善や肺を潤し咳を止めるとされています。

漢方薬にも用いられ、眼病などに使われる杞菊地黄丸などにクコの実は使われています。

栄養学的には、ルチン、タンニンなどのポリフェノール、ビタミンC、ゼアキサンチン(色素)など強い抗酸化作用をもつものが豊富で、まさにアンチエイジング食材と言えるでしょう。

クコは実だけでなく、葉っぱは春の新芽を山菜として食べたり、お茶(枸杞葉 くこよう)として飲んだりします。
根や樹皮(地骨皮 じこっぴ)は微熱やほてり、のぼせの症状に用いられる漢方薬として使われています。 

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ 人参: 目の乾燥を防ぐ、食欲不振を解消する

 ◆ くるみ: 腎を補う、腸や肺を潤す

 

<材料>(2人分)

  • 人参 ・・・・ 200g 

  • くるみ ・・・・ 好みの量

  • クコの実 ・・・・ 大さじ2

(ドレッシング)

  • マスタード ・・・・ 小さじ1 

  • はちみつ  ・・・・ 小さじ1/4

  • 塩 ・・・・ 小さじ1/2 

  • レモン汁または米酢 ・・・・ 大さじ1 

  • オリーブオイル ・・・・ 大さじ2

 

<作り方>

  1. 人参は薄くスライスし千切りにしておく。

  2. マスタード、はちみつ、塩をよく混ぜ、レモン汁を混ぜる。オリーブオイルをよく混ぜる。

  3. 1とクコの実、粗く砕いたクルミを2とよくまぜ、30分以上置く。

 

 

*** 春におすすめの薬膳レシピ ***    

yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

豆と菜の花のツナサラダ 春の薬膳

f:id:yoshiko1260:20180222151209j:plain

寒さがあっても暦の上では春。春の養生もそろそろ始める時期です。
春はしっかりタンパク質を摂る時期。
市販のツナや蒸し大豆を使えば簡単なので春の常備菜にもおすすめです。
 

春は肝臓に負担がかかりやすい季節ですが、肝臓は血液をストックしておく大事な場所です。
ですので、春はいつも以上に貧血にならないようしっかり鉄分補給をしつつ、血液になりやすいように同時にタンパク質も摂ることが必要です。

 

貧血の方は非常に多く、当院で受診される女性の多くに貧血がみられます。
また、男性でも貧血の方が最近は多くなってきています。

※東洋医学における貧血(血虚 けっきょ)の症状については、こちらをご覧下さい。

 

貧血になりやすい生活スタイルとしては

  • 動物性タンパク質を摂っている量が少ない
  • 頭脳労働が多い
  • パソコンやスマートフォンなど目を使う作業が多い
  • 寝る時間が遅い
  • 考え事が多い
  • 筋トレやマラソンなど消耗の激しいスポーツをしている

などが挙げられます。

現代の方の生活スタイル自体、どうしても血液の消耗が激しくなってしまいます。
どんな方でも春は血液が減りやすい時期ですので、ぜひ鉄分を意識的に取るよう心がけてみてください。

また、貧血が進んでいる方は何をやるのも億劫になっていることが多いです。
まずは疲れない範囲で鉄分補給できるよう、市販品や外食などもうまく活用しながら鉄分補給をすると良いでしょう。

※動物性の鉄分と植物性の鉄分についてはこちらをご覧下さい。

 


f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 豆と菜の花のツナサラダ

<食材のポイント>  

◆ 大豆・黄大豆(だいず):胃腸の機能を高め余分な水分を出す

**食材の解説**

納豆や豆腐、豆乳、味噌、醤油など多種多様な加工品の元になる大豆は、植物性タンパク質が豊富な食品で、畑の肉とも言われることがあります。

諸説あるようですが、中国が起源と言われており、黄・白・黒・赤・青など様々な色の大豆があります。

東洋医学的には、

  • 胃腸の機能を助け、腸を整える
  • 余分な水分を出しむくみを解消する
  • 膿や毒を出す

といった効能があります。

日本で江戸時代に書かれた文献には、日本で用いられる大豆は黄白大豆が主で、『気分をおだやかにし、腹中を寛(くつろ)げ、腸に良い。』とあります。

大豆には、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも含まれており、更年期ののぼせや骨粗しょう症の予防や改善にも効果があります。

大豆の利尿作用はタンパク質が多いことによるものなので、腎炎やお小水の出が悪い人のむくみには効果がありません。
また、大豆には造血作用があるともされていますが、その内容を読むとレバーと一緒に煮込むこと、とされていますので注意が必要です。

なお、豆類は消化しにくくお腹も張りやすいので食べ過ぎには注意してください。
大豆をそのまま食べるよりも納豆や豆腐などの方が消化吸収しやすいです。
様々な大豆加工品もありますので、上手に活用しながら取り入れるとよいでしょう。

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ ツナ(まぐろ): 気と血を補う

 ◆ 菜の花: 炎症を取り解毒する

 

<材料>(2人分)

  • 蒸し大豆または茹で大豆 ・・・・ 100g 

  • ツナ(まぐろ)     ・・・・ 50g

  • 菜の花         ・・・・ 1/2束

  • マスタード       ・・・・ 大さじ1 

  • 塩            ・・・・ 小さじ1/3

  • レモン汁        ・・・・ 小さじ1/2〜1 

 

<作り方>

  1. 菜の花を茹で、食べやすい大きさに切る。

  2. マスタード、塩、レモン汁をよく混ぜ、1とツナ、大豆を混ぜて盛りつける。

 

 

*** 春におすすめの薬膳レシピ ***   

 yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

ドゥルイ オーガニック 粒マスタード 100g

ドゥルイ オーガニック 粒マスタード 100g

 
有機蒸し大豆100g 1箱(10袋入)

有機蒸し大豆100g 1箱(10袋入)

 
伊藤食品 美味しいツナ油漬けフレーク70g 4缶

伊藤食品 美味しいツナ油漬けフレーク70g 4缶

 
由比缶詰所 4種のツナ12缶 詰め合わせセット

由比缶詰所 4種のツナ12缶 詰め合わせセット

 

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

海老と韮の中華風葛スープ 冬の薬膳 

f:id:yoshiko1260:20180115173107j:plain

寒に入ると寒さも一段と増してきて寒さから風邪をひいてしまう人も多いです。
葛は身体を温めるものと一緒にとると風邪予防にもなります。
身体を温める海老と韮を使った葛のスープで芯から暖まり、風邪を予防しましょう。

 

冬場は風邪をひく人も多いと思いますが、風邪のときに葛根湯を飲むという人もいらっしゃると思います。
また、他の漢方薬は知らなくても、葛根湯だけは知っている、飲んだことがある、という方も多いでしょう。

落語の小咄にでてくる葛根湯医者のように、何でも葛根湯、とするのはもちろん藪医者だと思いますが、風邪ならすべて葛根湯、とするのも漢方薬があまり効かない、と言われてしまう由縁かと思います。

 

葛根湯が風邪に効果があるのは、風邪をひき始めたな、というタイミングで飲んだ場合です。
風邪は3日もすれば治ってしまいますので、背筋に寒気を感じはじめたときや何となく熱っぽくなったり、身体がだるくなったりし始めたタイミングが風邪をひき始めた時、すなわち葛根湯を飲む時期です。

何日も寝込んだ後や、熱が下がり咳や鼻が残ったりしているときに葛根湯を飲んでも効果がありませんし、長く飲んでも効果はありません。

風邪には大別すると

  • 熱:免疫反応で身体に熱が出ているもの
  • 寒:寒さに負けて身体の免疫機能が落ちているもの

があります。
風邪の寒熱によりどの食材がよいのか、どの漢方薬がよいのかを選ぶ必要があるのですが、葛根湯は寒熱どちらのタイプでも使えるものなので、どの風邪のタイプでもおおよそ効果があるという利点があり、漢方に詳しくない人でも比較的使いやすい漢方薬であるため広く風邪薬として使われているのだと思います。

また、葛根湯は肩こりや筋肉痛などにも効果があります。

 

風邪に用いる漢方薬は葛根湯以外にも、

  • 麻黄湯
  • 小青竜湯
  • 柴胡桂枝湯
  • 銀翹散
  • 麦門冬湯

などたくさんの種類がありますが、どの漢方薬を用いる方がよいか、より詳しく診断をして漢方薬を選ぶ場合には漢方医などに任せた方がよいでしょう。

 


f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 海老と韮の中華風葛スープ

<食材のポイント>  

◆ 葛、葛根(くず、かっこん):風邪を発散する

**食材の解説**

葛根湯に含まれている生薬の一つが、葛根(かっこん)、くずです。
葛の根からデンプンを取り出したものが本葛で、葛湯や葛餅、葛きり、料理のとろみ付けにも用いられます。 

葛根は、

  • 初期の風邪を発汗させ発散させる
  • 上半身のこわばりをとる
  • お酒などの解毒をする

などの効能があります。
ただし、風邪を発散させる作用は葛だけでは弱いので、もし風邪をひいたときに使う場合はねぎや生姜、シソ、豆鼓、シナモンなど発散させるものを一緒にとると良いです。 

葛をスープや葛湯にするととろみが出るので、冷めにくく身体も温まりやすいです。

少し高いものではありますが、ねぎや生姜、シソ、シナモンなど身体を温めてくれるものと一緒にとれば風邪予防にもなりますので、ぜひ取り入れてみてください。 

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ ニラ: 身体を温める、血流を良くする ▶︎ 詳しい食材の説明はこちら

 ◆ えび: 腎を補い、冷えをとる ▶︎ 詳しい食材の説明はこちら

 ◆ 生姜:身体を温める、解毒する

 ◆ 黒胡椒:お腹を温める、気の巡りを良くする

 

<材料>(2人分)

  • むきえび     ・・・・ 100g 

  • ニラ       ・・・・ 50g

  • 本葛       ・・・・ 大さじ1

  • 生姜       ・・・・ 少々

  • 中華スープのもと  ・・・・ 小さじ2

  • 酒(あれば紹興酒)・・・・ 大さじ1

  • 塩        ・・・・ 少々

  • 黒胡椒      ・・・・ 少々

  • 水        ・・・・ 400ml

 

<作り方>

  1. 葛粉はあらかじめ少量の水(分量外)で溶かしておく。えびは背わたがあれば取り除いておく。生姜は千切りにする。ニラは1cmくらいに切る。

  2. 鍋に水と生姜、中華スープのもと、酒を入れ、煮立ったらえびをいれる。えびに火が通ったら、ニラを入れる。

  3. 2に水で溶いた本葛を入れ、とろみをつける。塩、胡椒で味を整える。

 

 

*** 冬におすすめの薬膳レシピ ***   
yakuzen-gohan.hatenablog.com
 

吉野くず粉 吉野本葛100g

吉野くず粉 吉野本葛100g

 
みやこ飴本舗 くず湯 45g×10袋

みやこ飴本舗 くず湯 45g×10袋

 
いしい 吉野本葛餅 白妙(きな粉、黒蜜) 290g
 
吉野の葛餅

吉野の葛餅

 

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

長ねぎの豚肉巻き 冬の薬膳

f:id:yoshiko1260:20180115172912j:plain

冬の薬膳 葱の豚肉巻き

寒さも一段とまして風邪も流行る時期です。
寒さ対策も大切ですが、風邪予防には甘いものを控えることも大切。
甘さ控えめに作る肉巻き、長ねぎを使った風邪に負けないレシピです。

  

正月が過ぎるともっとも寒い時期に突入すると同時に、冬の土用にも入り冬という季節を完成させて春に移行する時期になります。

この頃、寒さや乾燥から来る風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどが大流行する時期でもあります。

また早い人だと花粉症の症状が出始める時期でもあります。

 

どれをとっても大敵なのは甘いもの。

ケーキやクッキー、アイスクリーム、チョコレート、菓子パン、甘いコーヒー飲料、ジュース…
などなど日常的に甘いものを食べることが簡単なので、朝食やおやつ、仕事や勉強をしながらつまんだり、食後に食べたりと習慣化している方も多いでしょう。

 

適量の甘いものは確かに気持ちをやわらげ、ストレスを緩和させてくれますが、あまりに多いと胃腸の働きが落ちてしまいます。
東洋医学では甘いものは、胃腸に湿気をため、消化不良や栄養吸収の妨げになると考えます。

また、胃腸だけでなく内蔵全体を冷やしてしまい、どちらも免疫力の低下につながり、風邪をひきやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状を引き起こしやすくなります。

特にジュースやアイスクリームは物理的にも冷たいのでより胃腸の機能が落ち、内蔵を冷やしてしまいます。

 

食事でもお砂糖を使わずにすることも一つです。
みりんや甘酒など発酵食品の甘さは胃腸に負担をかけないのでおすすめです。

 

せめて冬の土用の期間(2018年は1月17日〜2月3日)だけでも、いつもより甘いものを控えて風邪やインフルエンザにかからないよう過ごしてみてください。


f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 長ねぎの豚肉巻き

<食材のポイント>   

今回のレシピで使っている食材

 ◆ 長葱:冷えから来る風邪を発散させる、冷えをとる ▶︎ 食材の説明はこちら

 ◆ 豚肉:身体を潤す、空咳を止める、腎を補う  ▶︎ 食材の説明はこちら

 ◆ 黒胡椒:お腹を温める、気の巡りを良くする

 

<材料>(2人分)

  • 豚肉    ・・・・ 180g 

  • 長ネギ   ・・・・ 1本

  • エリンギ  ・・・・ 50g

  • 片栗粉   ・・・・ 適量

  • 塩     ・・・・ 少々

  • 黒胡椒   ・・・・ 少々

(たれ)

  • 醤油    ・・・・ 大さじ1

  • みりん   ・・・・ 大さじ1

  • 酒     ・・・・ 大さじ1

<作り方>

  1. 長ねぎは5cm程度に切りそろえ、半分に切る。エリンギも5cm程度にきる。

  2. 長ねぎの間にエリンギをはさみ、豚肉で巻き、片栗粉をまぶす。

  3. 油をひいたフライパンで2を焼き目がつくまでまんべんなく焼いたら、たれをかけて全体を絡める。塩、胡椒で味を整える。

 

 

**** 冬におすすめの薬膳レシピ ****            

yakuzen-gohan.hatenablog.com

  

アマノフーズ いつものおみそ汁 長ねぎ 9g×10個

アマノフーズ いつものおみそ汁 長ねぎ 9g×10個

 
下仁田ねぎラー油

下仁田ねぎラー油

 
葱

 
下村工業 味わい食房 白髪ねぎカッター ANK-664

下村工業 味わい食房 白髪ねぎカッター ANK-664

 

 

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

蓮根の鶏皮炒め 冬の薬膳

f:id:yoshiko1260:20171205174306j:plain

秋冬は乾燥し、肌も潤いがなくなりがち。
東洋医学には以蔵補臓という考えがありますが、肌が乾燥しやすい時期は鶏の皮がおすすめ。
適度に脂質を摂ることで乾燥から体を守ってくれます。

  

冬至に向けいよいよ日も短くなり、本格的な冬の寒さになってきました。
今年はいつも以上に寒く、冷え対策を日頃から行いたいものです。
空気も乾燥しているので、肌が乾燥してかゆくなったり、ささくれたりしている人もいるかと思います。

東洋医学では、皮膚がカサカサして荒れていたり、手指がひび割れていたりすると、免疫力が落ちており、そこから風邪やアレルギー物質が入ると考えます。
日常的に保湿クリームなど外から保護することも有効ですが、根本的には体の中からケアすることが大切です。
肌荒れ、特に乾燥には適度な脂質やぷるぷるした食感のものを取ることが大切です。

 

<肌の保湿にとりたいもの>

鶏や豚の皮、バター、ナッツ類、ごま、はちみつ、白きくらげ、

発酵食品、きのこ類 など

 

時々、鶏の皮や肉の脂身をすべて除く方がいらっしゃいますが、適度な脂質を取っておかないと皮膚も身体もカサカサに乾燥してしまいます。
秋冬の時期は適度に脂質もとるように心がけてください。
また、以臓補臓(いぞうほぞう)の考えからも、鶏や豚の皮、魚の皮などは食べた方が良いです。

発酵食品やきのこ類は腸内環境を良くするためにとりたいものです。
東洋医学では、肌と大腸はつながっていると考え、お通じを良くすることは肌のトラブルの改善につながります。

 

花粉症の方は、花粉も指先から入ってきますので、今の時期からしっかりとケアしたいものです。


f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 蓮根の鶏皮炒め

<食材のポイント>  

◆ 鶏皮(とりかわ):肌に潤いをだす

**食材の解説**

肌の美容に良いとされます。  

鶏の皮膚組織は水分を除くと70%がコラーゲンです。

コラーゲンは、

  • つややかな皮膚や髪の毛をつくる
  • 軟骨や細胞、組織をつなぎ、機能の活性を促す
  • 目を良くする
  • 老化を防止する

などの効能があります。

一方で、皮の下に脂肪が多くついていますので、 皮は食べない、という方もいらっしゃいますが、余分な脂肪はともかく皮は上手に利用してほしいものです。
余分な脂肪を除いて調理したり、スープで使う時は一度煮出してから冷やし、表面に固まった油だけ取り除くという方法もあります。

コラーゲンをサプリなどでとるよりは、食物からとった方がおいしく、吸収も高まりますので、鶏も皮まで無駄にせず使ってみてください。

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ 蓮根: 胃腸を丈夫にする、余分な熱をとりながら血行を良くする

 ◆ 黒胡椒:お腹を温める、気の巡りを良くする

 

<材料>(2人分)

  • 鶏皮     ・・・・ 50g 

  • 蓮根     ・・・・ 70g

  • 塩      ・・・・ 小さじ1/3

  • 黒胡椒    ・・・・ 少々

 

<作り方>

  1. 鶏皮は食べやすい大きさに切る。蓮根は薄めの乱切りにする。

  2. フライパンを熱し、鶏皮を油が出て焼き目がつくまでよく炒める。

  3. 2に蓮根を入れて炒め、火が通ったら塩、黒胡椒で味付けをする。

 

 

**** 冬におすすめの薬膳レシピ ****            
 yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

徳島産れんこんパウダー 100g

徳島産れんこんパウダー 100g

 
カモ井食品 瀬戸内のレモン香る れんこんチップス54g×5袋
 
無双本舗 節れんこんのど飴 70g

無双本舗 節れんこんのど飴 70g

 

ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

小松菜と木耳の鶏そぼろ炒め 冬の薬膳

f:id:yoshiko1260:20171205174149j:plain

冬は身体の内側を充実させる時期で滋養のあるものを特に摂りたい季節。
黒い食材は冬の臓器である腎を養ってくれます。
黒きくらげは代表的な食材の一つなので、積極的に取り入れてみてください。

 

冬は寒い時期ではありますが、寒さにより身体の表面を閉じ、身体の内側にエネルギーをたくわえ充実させる時期でもあります。

秋から食欲が増して、何だか身体が重くなったのでダイエットを…と考えたくもなりますが、この時期のダイエットはあまりおすすめできません。

 

身体としては栄養を蓄えて冬の寒さから身体を守りたいと思っています。植物が春に芽吹くのと同じように、私たちの身体も春になると外に向かって伸びようとするのですが、冬はその芽吹きのエネルギーを蓄える時期でもあります。

しかし、冬にダイエットなどの食事制限や激しい運動をしてしまうと、内にたくわえようとしていたエネルギーをきちんと蓄えることが出来ず、身体の芯を消耗してしまい、次の季節に体調を崩す原因ともなりかねません。

 

もし身体が重くなってきたな、と感じたら、無駄な間食や食べ過ぎは避けた方が良いですが、滋養のあるものはしっかりと摂っておいた方がよいでしょう。

冬の時期は蓄える時期と割り切り、ダイエットをするのは春まで待つのがよいです。

 

 
f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 小松菜と木耳の鶏そぼろ炒め

<食材のポイント>  

◆ 黒木耳、黒木海月(くろきくらげ)
  :血行をよくし血液をきれいにする、肺や腸を潤す

**食材の解説**

コリコリとした食感が特徴の黒きくらげは中華料理ではよく用いられるものですが、日本ではまだまだなじみの薄い食材かもしれません。

最近は、生の黒きくらげも手頃な値段で見かけるようになり、しゃぶしゃぶや炒め物などに使う方もいるでしょう。

 

食感がクラゲに似ており、木に生えることから、木クラゲと呼ばれます。

また、形が耳に似ていることから「木耳」という漢字が当てられています。

クラゲというものの、広葉樹の枯れ木に生えるきのこの一種で、白きくらげもその仲間です。

 

東洋医学では、

  • 血行を良くし、血液中にこもった熱を抑える
  • 肺や胃を潤す
  • 腸を丈夫にして便秘を解消する

といった働きがあります。

乾燥した便が出るような便秘の方、空咳が出る方によいでしょう。
また、貧血で乾燥しがちの方や血流が悪い方にもおすすめです。

黒い色の食材ですので、冬の臓器である腎も補ってくれます。

 

現代栄養学でも、抗がん作用、抗真菌作用、動脈硬化の予防作用があるとされています。

また、ビタミンやカルシウムが豊富に含まれていますが、シュウ酸の多いほうれん草や食物繊維の多いごぼうと一緒に摂るとカルシウムの吸収が阻害されてしまいます。 

 

乾燥きくらげの栄養成分は、お湯で戻すと壊れてしまうので、出来れば冷水で戻した方が良いです。

 

なお、乾物も生のものも生食はできませんので、必ず火を通してから食べるようにしてください。 

 

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ 小松菜:余分な熱をとりイライラを収める、便通を促す 

 ◆ 鶏肉:気血を補う、胃腸を温める

  

<材料>(2〜3人分)

  • 小松菜     ・・・・ 1束 

  • 黒きくらげ(生、または戻したもの) ・・・・ 50g

  • 鶏ひき肉    ・・・・ 120g
  • しょうが    ・・・・ ひとかけ

  • 醤油      ・・・・ 大さじ1

 

<作り方>

  1. 乾燥黒きくらげはあらかじめ戻しておく。小松菜は5cm程度に切る。黒きくらげはせん切りにする。生姜はみじん切りにする。

  2. フライパンに油をひき、生姜を炒め香りがたったら鶏肉を炒め、黒きくらげ、小松菜も加えて炒める。

  3. 醤油を加え、塩こしょうで味を整える。

 

 

**** 冬におすすめの薬膳レシピ ****            

yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

九州産 熊本県産 高級 乾燥きくらげ 100g

九州産 熊本県産 高級 乾燥きくらげ 100g

 
きくらげ菌打込み原木

きくらげ菌打込み原木

 
こだわり乾燥野菜 熊本県産 小松菜 40g

こだわり乾燥野菜 熊本県産 小松菜 40g

 
きのこ総合センター きのこ薬膳スープの素 60g

きのこ総合センター きのこ薬膳スープの素 60g

 

 

ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

さつま芋とりんごの白和え 秋の薬膳

f:id:yoshiko1260:20171013125229j:plain

秋は肺、大腸、皮膚のトラブルが多い時期。お通じを良くしておくも秋の養生の一つです。
これからおいしくなるさつま芋もりんごも大腸の調子を整えてくれるもの。
身体を潤してくれる豆腐と白ごまも加えた白和えはこの時期におすすめのおかずです。

 

何かと忙しいとついつい身体のことはおざなりになりがちですが、できれば体調を崩す前に身体が発するサインに気がつけると早めの対処ができて大きな乱れを防ぐことがでいます。

 

身体のバランスをみる簡単な目安として、この4つが整っていればおおむね健康といえます。

 

  1. 食欲がある
  2. 心地よく眠れる
  3. 呼吸が楽にできる
  4. 大小便が快調である

 

もしどれかが乱れているようであれば、整えるよう心がけるだけでちょっとした不調は改善することもできます。

 

特に秋の季節は、呼吸器と大腸に不調が出やすくなります。

 

東洋医学では、秋に負担がかかる臓器が肺としていますが、同時に肺と関連する臓器である大腸や皮膚もトラブルが多くなる時期と考えます。

最近は腸内環境の乱れが肌荒れと関係することもよく知られるようになりましたが、東洋医学では昔からそのことを経験的に知っていたのでしょう。

小児の空咳が便秘と関係することもよくあり、便通が良くなると空咳も収まることがよくみられます。

 

実際、秋には皮膚の乾燥が出始めたり、便秘になる方も増えますので、お通じを良くすることは秋の養生で気をつけたいことの一つです。

 

便秘は悩む方も多い身近な不調の一つです。
東洋医学的に考えると便秘にはさまざまなタイプがあり、それぞれアプローチが異なりますので、詳しくは→こちら(便秘の薬膳)も参照してください。

 


f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain さつま芋とりんごの白和え

<食材のポイント>  

◆ 薩摩芋・甘藷(さつまいも・かんしょ)
  :胃腸を丈夫にして元気にする、便通を促す

**食材の解説**

薩摩芋は、江戸時代に中国より伝来し、薩摩で栽培されたことと言われており、関東では薩摩芋、九州では唐芋と呼ばれます。

その品種は世界で3000〜5000種もあり、日本でも紅あづま、なると金時、シルクスイート、安納芋、紫芋などさまざまな種類が流通しています。

 

東洋医学では、

  • 胃腸を丈夫にして元気をつける
  • 胃腸の働きを回復させ、唾液などの分泌を促進する
  • 便通を促す

など胃腸の働きを良くし元気にしてくれる食べ物とされています。

 

陰陽のバランスのとれたものですので、胃腸のあまり強くない方や高齢の方、お子さんにもよく、特に痩せて便秘の方におすすめです。

逆に、気の巡りが悪く便秘になるタイプの方は、食べ過ぎるとお腹が張ってしまうので控えめにした方がよいでしょう。

 

寒い季節に食べる石焼き芋は甘くておいしいものですが、これはさつま芋の糖化酵素によりいっそうおいしくなっています。
60度くらいでゆっくり加熱するとデンプンが酵素により分解され糖に変わるため、甘さが増し、さらに消化吸収を促進します。

また、さつま芋には女性ホルモンの排出を促すビタミンEや食物繊維、ビタミンC、ポリフェノールなどが含まれており、美肌効果や整腸作用などがあり女性にはうれしい食べ物です。

食物繊維もポリフェノールも皮に多く含まれ、さらにヤラピンという腸の蠕動運動を促進する物質も多く含まれていますので、皮ごと食べる方がよいでしょう。

 

一方、食欲を増す作用もあり、消化もよく栄養価も豊富なため、太りやすい食べ物とも言えますので、食べ過ぎには注意したいところです。

 

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ りんご:肺を養う、熱をとる、便通を促す 

 ◆ 豆腐:内蔵を潤す、余分な熱をとる、老廃物を排出する  →詳しい食材の説明はこちら

 ◆ 白ごま:肺や腸、皮膚を潤す →詳しい食材の説明はこちら

 ◆ (白)味噌:身体の余分な熱をとる、解毒する、胃腸を養う →詳しい食材の説明はこちら

 

<材料>(2〜3人分)

  • さつま芋      ・・・・ 80g 

  • りんご       ・・・・ 1/4個

  • 白ごま       ・・・・ 少々

(あえ衣)

  • (木綿)豆腐     ・・・・ 1/3丁

  • 白練りごま      ・・・・ 大さじ2/3

  • (白)味噌      ・・・・ 小さじ1

  • 砂糖         ・・・・ 小さじ1/2

  • (薄口)しょうゆ   ・・・・ 小さじ1/2

  • 塩        ・・・・ 少々

※ りんご、さつま芋の甘みにより砂糖などは調整してください。

<作り方>

  1. 豆腐は水切りをしておく。さつま芋は蒸して小さめの乱切りにする。りんごも小さめの乱切りにする。

  2. あえ衣をフードプロセッサーまたはすり鉢で混ぜる。

  3. 1と2をあえ器に盛り、白ごまを添える。

 

 

**** 秋におすすめの薬膳レシピ ****            

 yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

 

澁谷食品 芋けんぴ 430g

澁谷食品 芋けんぴ 430g

 

 

 

 

和田萬 有機ごまペースト 白ねりごま 80g

和田萬 有機ごまペースト 白ねりごま 80g

 

 

 

 

ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

菊花のいなり寿司 秋の薬膳⑩

f:id:yoshiko1260:20170922183458j:plain

秋分も過ぎ、いよいよ本格的な秋の到来です。
9月9日の菊の節句でも用いられる菊は
この時期からぜひ取り入れてほしい薬膳食材の一つ。
のどの痛みや目の充血などによい菊花を甘酢漬けにし、いなり寿司にしました。

 

秋分は昼と夜の長さがほぼ同じになる時期。
自然の陰陽のバランスも穏やかですので、心身ともに穏やかに過ごしやすい時期です。暑さで夏の間はスポーツや外出する気になれなかった方も、この時期に空気や景色のきれいなところを散策したり、美術館巡りをしたりすることがおすすめです。

秋は春・夏で取り入れたものから余分なものを削ぎ落とし、冬に向け蓄えていく時期。
散歩やストレッチなど、軽い運動がオススメです。

また、秋は精神的にも養うと良い時期とされていますので、きれいな景色や文化的なものに触れるとよいでしょう。 

一方で、この時期から気をつけたいのはのどの風邪。
日中はまだ暑さを感じるものの、朝夕は肌寒くなってきて、風邪の方も多くなってきました。

菊の花は、のどの痛みからくる風邪の予防などに良い食材で、薬膳でもよく使われます。
下ごしらえも簡単ですので、食卓の彩りも華やかになりますので、ぜひ取り入れてみてください。

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 菊花のいなり寿司

<食材のポイント>  

◆ 菊花(きくか):熱を取る、解毒する

**食材の解説**

お刺身のツマ以外でお目にかかったことがないという方も多いかもしれません。
東北地方では比較的食べられているそうで、色鮮やかな花びらは実はさまざまな薬効があり、薬膳でも重宝される食材の一つです。

菊の花の薬効としては、

  • 風邪による発熱、頭痛、咳、喉の炎症を抑える
  • 頭がのぼせるような場合の目のかすみ、目の充血を抑える
  • 吹き出物や皮膚の赤み・腫れをとる

などがあります。
風邪のひき始めの喉の痛み、のぼせによる頭痛・目の充血、高血圧の予防などに用いるとよく、目のかすみや充血に枸杞の実とあわせてお茶にする薬膳茶や杞菊地黄丸という漢方薬が有名です。

また、毛細血管拡張効果があるので、血圧降下作用があるとされます。

 

食用菊は、観賞用の菊を食用に選抜・改良したもので、シャキシャキとした食感で苦みが少なく、黄色やピンクのものがあります。
10月が最もよく出回り、秋のものは風味も香りも良いです。

菊花は中国では秋の養生の一つとしてお茶でいただくことが多いです。
他には、おひたし、あえもの、酢の物、お吸い物、天ぷら、サラダなどにして食べます。

 

生のままですと日持ちしませんが、甘酢漬けにすると日持ちするので秋の常備菜としておいておくのも良いです。

また、生のものだけでなくのし菊、干し菊など乾燥したものもあるので、のぼせやすい方や喉の痛みが出やすい方などは乾物でおいておくのもよいでしょう。

 

 

菊の節句と言えば、9月9日は重陽の節句で日本には平安時代に伝えられたと言われます。
霊が宿ると考えられていた菊を酒に浮かべて酌み交わし、邪気を払い、長寿を願ったそうで、菊の節句とも言われます。

 

重陽の節句の頃ですと出回る量もまだ少ないですが、お月見や行楽など秋の行事に一花そえるのもおすすめです。

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ 蓮根:胃腸の働きを良くする、身体や肺・皮膚を潤す 

 

<材料>(菊花と蓮根の甘酢漬け)

  • 菊の花      ・・・・ 1パック 

  • 蓮根       ・・・・ 7cm程度

(甘酢)

  • 酢        ・・・・ 200ml

  • 砂糖       ・・・・ 大さじ6

  • 塩        ・・・・ 小さじ1.5

<作り方>

  1. 甘酢の材料をあらかじめ混ぜておく。

  2. 菊の花は花びらだけむしり、熱湯で1分ほど茹でる。蓮根は薄いいちょう切りにし、酢を入れた熱湯にさっと通す。

  3. 2の菊花と蓮根の水気を絞り、1の甘酢につける。

 

 

<材料>(いなり寿司)

  • 炊いたごはん     ・・・・ 2合

  • いなりあげ(味付き) ・・・・ 10〜12枚

(すし酢)

  • 酢      ・・・・ 60ml
  • 砂糖       ・・・・ 大さじ2

  • 塩      ・・・・ 小さじ1

<作り方>

  1. すし酢はあらかじめ混ぜておく。いなりあげは酢飯を入れやすいようあらかじめ中を開いておく。

  2. 炊きたてのごはんに酢飯を混ぜる。菊花と蓮根の甘酢漬けを軽く汁気をとり、好みの量を混ぜる。

  3. 2をいなりあげの中に詰める。

 

**** 秋におすすめの薬膳レシピ ****           

yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

台湾産 有機栽培 菊花茶 白 (杭白菊)ティーバッグ7包

台湾産 有機栽培 菊花茶 白 (杭白菊)ティーバッグ7包

  
味付いなり (6枚×2パック) [その他]

味付いなり (6枚×2パック) [その他]

 

 

ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...