薬膳ごはん yakuzen gohan

日々の生活に取り入れられる薬膳のレシピを紹介していきます。

レバーの醤油煮 春の薬膳

f:id:yoshiko1260:20190410165207j:plain

レバーの醤油煮

貧血にはレバーが一番良いのですが苦手な人も多いのです。
苦手な人でも食べやすいレバーの醤油煮はチーズのような濃厚でクリーミーな味わい。
ぜひ試してみてください。

 貧血の方にオススメした食材、レバーですが苦手な方だと食べないばかりか、触ったこともない、ということが多いです。

すると、下処理をしなければいけないことにハードルを感じて、さらにレバーを嫌煙されることになりがちなのです。

食べて欲しいのは山々なのですが、こうなっては元も子もない訳で…

そういう方には、レバーを少しでも食べれるなら、焼き鳥屋さんのレバーを1本買うのでも良いし、レバーペーストを食べるのでも良いです、とお伝えします。
レバーはどうしても無理!!という方には、代わりに赤身のお肉、マグロ、カツオ、イカ、タコ、あさりなどを食べてください、とお伝えしています。

 

食習慣は積み重ねが非常に大事になってきます。
よほど効果の強い食材でなければ1食で身体に変化は起きません。

しかし、身体は小さな荷重の方が変化を引き起こしやすいように、毎日の小さな食習慣の積み重ねが大きな変化につながります。

 

かのブリア=サヴァランが

『君が何を食べるか言ってみたまえ。君が何者であるかを言い当てよう。』 

と著したように、食べたものが私たちの身体を作っています。

 

どんな自分になりたいのか。

そのような自問自答の中で、場合によっては苦手も克服して欲しいと願います。

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain レバーの醤油煮

<食材のポイント>  

 ◆ レバー:肝臓を補う、血液を補う 

 <材料>

  • 鶏レバー  ・・・・ 200〜250g

  • 醤油    ・・・・ 50ml

  • 酒     ・・・・ 50ml

  • 生姜    ・・・・ 小さじ1 

  • シナモン  ・・・・ 小さじ1/4

<作り方>

  1. レバーをちょうど入るくらいの鍋に入れ、醤油を入れ30分おく。

  2. 1に酒、すりおろした生姜、シナモンを入れ、弱火で40分程度煮る。煮汁が少なくなったら適宜水を足し、途中で2、3度レバーを返しながら煮る。

  3. 煮汁が残っていたら、強火にしてしっかり煮詰める。

 

*** 春におすすめの薬膳レシピ *** 
yakuzen-gohan.hatenablog.com

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)

 
美味礼讃 下 (岩波文庫 赤 524-2)

美味礼讃 下 (岩波文庫 赤 524-2)

 
タラレバー燻製オイル漬け120g(MSC)×5個

タラレバー燻製オイル漬け120g(MSC)×5個

 
食べレバー 15g 3袋セット

食べレバー 15g 3袋セット

 
ドイツノッカー社製 レバーケーゼ 1Kg?1.2Kg
 

 

  ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

クレソンとキノコのガーリックソテー 春の薬膳

f:id:yoshiko1260:20190409175852j:plain

春の薬膳 クレソンとキノコのガーリック炒め

春は肝臓が忙しい季節です。
クレソンは亢進した肝臓の働きをなだめてくれるもの。
お肉の添え物だけでなくたくさん食べて欲しいものです。

東洋医学では、春は肝に負担がかかる季節と考えます。

春という季節は、
冬にじっとうちに蓄えていたエネルギーを外へ外への伸ばしていくのですが、
この伸ばそうとする作用は肝の働きによるもの、
つまり「肝の疎泄(そせつ)作用」によるものなのです。

一方で春も後半になってくると、この肝の働きが亢進し過ぎてしまうこともあります。
気持ちは頑張っているのに体がついて来ず空回り、といった感じです。

イライラが強くなったり、
のぼせたり熱っぽくなったり、
場合によっては目の炎症や吹き出物になったり
することもあります。

そんな時は、体もクールダウンが必要です。

クレソンやセロリ、トマトには、亢進し過ぎた肝の働きをなだめてくれる効果があります。

もちろん気持ちのクールダウンも必要。

焦る気持ちやイライラは、逆に肝を傷つけてしまいます。
気分転換にお散歩したり、
柑橘やミント系の入浴剤でリラックスしたり、
カラオケに行ったり、
バッティングセンターに行ったり、
と、気分を発散させるようなことをしてみると良いでしょう。

逆に、アルコールやスイーツで発散させようとすると、
さらに肝臓に負担がかかってしまいますので、こちらはお勧めできません。

心身ともに爽やかに春の後半を乗り切れるよう、気をつけてみてください。

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain クレソンとキノコのガーリックソテー

<食材のポイント>  

◆ 水芥子(クレソン):肝の亢進を抑える、熱をとる

**食材の解説**

ステーキの横に欠かせないクレソンですが、添え物だけではもったいない食材です。

クレソンの効能としては、

  • 亢進した肝の働きを抑える
  • 熱を取り解毒する
  • 肺を潤し利尿する

といった作用があり、他にも

食欲増進作用、気管支炎を抑える、できものを解毒する、皮膚のかゆみをとる、

といった効能もあるとされます。

春は冬に蓄えたものを発芽させる時期ですが、蓄えたものの中には不要なものもあるのでそれらを解毒することが大切です。
うまく解毒できないと、熱化して炎症を引き起こしたりしますが、クレソンはこのどちらにも対応してくれます。

また、春の臓器である肝の働きがゆき過ぎたのも抑えてくれますので、春の時期にイライラしやすかったり、のぼせやすかったりする方には特にお勧めの食材です。
逆に、妊娠中の方はたくさん食べてはいけない、とありますので妊婦の方は控えめに。

辛み成分(シニグリン)に動物性脂肪の消化を助ける働きがあるので、加熱し過ぎないようにすると良いです。
ちなみに、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)で栄養素密度スコア100点と評価されており、少量でも栄養価が豊富なものです。

 

今回のレシピで使っているその他の食材 

 ◆ キノコ:免疫力を高める、気を補う

 

 <材料>(2人分)

  • クレソン   ・・・・ 1束

  • 好みのきのこ   ・・・・ 50−80g

  • にんにく  ・・・・ ひとかけ

  • 塩 ・・・・ 小さじ1/3 

  • オリーブオイル  ・・・・ 大さじ1

<作り方>

  1. クレソンは5cm程度、きのこは食べやすい大きさに切る。にんにくはみじん切りにする。

  2. フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火を入れ、きのこを炒める。

  3. きのこに火が通ったらクレソンをさっと炒め、塩で味を整える。

 

*** 春におすすめの薬膳レシピ *** 
yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

ステーキの横のクレソン

ステーキの横のクレソン

 
ゲランドの塩 セル ファン(細粒・海塩) 500g

ゲランドの塩 セル ファン(細粒・海塩) 500g

 

 

  ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

長ネギと長芋のスープ 冬の薬膳

f:id:yoshiko1260:20190124160320j:plain

長ネギと長芋のスープ

冬の風邪予防には長ネギがいちばん。
効果を発揮するためには薬味ではなくしっかり食べて欲しいものです。
長ネギを簡単にたくさん食べれるスープのレシピです。

冬場は風邪が流行りやすい時期。
乾燥が進むと一段と多くなりますが、乾燥だけで風邪にかかりやすくなるわけではありません。

東洋医学では、消化機能が落ちると風邪もひきやすくなると考えます。
お正月明けごろから、ちまたでも風邪やインフルエンザが非常に流行り始めました。

年末から忘年会にクリスマス会、お正月、新年会、と食事が乱れがちになるイベントが目白押しです。
患者様のお身体を拝見しておりますと、この時期に暴飲暴食が続いたり、甘いものをたくさん食べていた方は、やはり胃腸の調子が落ちており、風邪をひいてしまう方も多いです。
風邪予防には、暴飲暴食を控え、甘いもの・冷たいもの・生ものといった胃腸を冷やし、機能を落とすものを控えめにすることが非常に大切です。

風邪は、しっかりと休息をとり、食べれる場合は栄養をしっかり取ることが回復の近道です。
無理して仕事に出たりするとズルズルと風邪が長引くだけでなく、周りの方にもうつしてしまいますので、かかった場合も治すことに専念した方が結果としてスッキリと回復することができます。

体調管理をしっかりして、風邪やインフルエンザにかからないようぜひ気をつけてください。

<風邪予防におすすめの食材>

長ネギ、紫蘇、葛、パクチー
豚肉、山芋、かぼちゃ、にんじん、はちみつ、発酵食品、など

<風邪をひかないために注意したいこと>

  • 暴飲暴食をしない
  • 胃腸を冷やさない(冷たいもの、甘いもの、生ものを控える)
  • 睡眠をしっかり取る
  • 疲れを溜めない
  • 喉や皮膚を乾燥しないように保湿する

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 長ネギと長芋のスープ

<食材のポイント>  

 ◆ 長ネギ:からだを温める、風邪を発散する

 ◆ 長芋(山芋):腎を補う、気を補う、からだや肺を潤す

 <材料>(2人分)

  • 長ネギ   ・・・・ 1本

  • 長芋   ・・・・ 80g

  • ベーコン  ・・・・ 40g

  • 洋風スープのもと ・・・・ 1/2〜1個 

  • オリーブオイル  ・・・・ 大さじ1

  • 塩   ・・・・ 少々

<作り方>

  1. 長ネギは1.5cm程度の輪切りにする。長芋は皮をむいて1.5cm程度のいちょう切りにする。ベーコンは食べやすい大きさに切る。

  2. 鍋にオリーブオイルをひき、ベーコンを炒め、火が通ったら長ネギ、長芋を炒め、水400mlと洋風スープのもとを加える。

  3. 長ネギ、長芋に火が通ったら、塩で味を整える。

 

*** 冬におすすめの薬膳レシピ *** 
yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

 

貝印 Cookfile ねぎスライサー DH-2264

貝印 Cookfile ねぎスライサー DH-2264

 

 

 

 

  ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

豚肉と大根の醤油炒め 冬の薬膳

f:id:yoshiko1260:20190123191447j:plain

豚肉と大根の醤油炒め

治療院で体のベースを作るのにおすすめする豚肉。
特に冬場はたくさん食べて欲しい食材なので、できるだけ積極的に食卓に登らせて欲しいもの。
冬が旬の大根と炒める簡単レシピです。

冬場は大根が美味しくなります。
やはり旬の食材が一番美味しく、薬膳的に考えてもその季節に必要なものが多いです。
とはいえ、今はなんでも食材が手に入るので、季節を意識することも少なくなっているかと思います。

薬膳では、体質や体調によって食材を選びますが、どんな方でもその基本となるの

『季節のからだづくり』

です。

季節のからだをつくるには、

旬のものをたくさん食べる、

というのがいちばんの近道です。

逆に、どんな季節でもこれだけ食べておけば良い、という万能の食材はありません。 

 

菜の花が出てきたな

もう大根もすがはいってきたから終わりだな

と、季節の移り変わりを食事でも楽しみながら過ごしていただければ、
食卓もより豊かになると思います。
 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 豚肉と大根の醤油炒め

<食材のポイント>  

 

 ◆ 豚肉:身体を潤す、空咳を止める、腎を補う  ▶︎ 食材の説明はこちら

 ◆ 大根:消化を助ける、痰を出やすくする ▶︎ 食材の説明はこちら

 ◆ 黒胡椒:お腹を温める

 <材料>(2人分)

  • 豚バラ肉   ・・・・ 200g

  • 大根   ・・・・ 200g

  • しょう油  ・・・・ 大さじ1

  • 酒  ・・・・大さじ1 

  • 黒胡椒、塩  ・・・・ 少々

<作り方>

  1. 大根を2〜3mmのいちょう切りにする。

  2. 熱したフライパンに油を少なめにひき、豚バラ肉を炒める。色が変わってきたら大根も入れて炒める。

  3. 全体に火が通ったら、しょう油、酒を入れ、塩、黒胡椒で味を整える。 

 

*** 冬におすすめの薬膳レシピ *** 

 yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

国産那須豚で作った手づくりリエット
 
紅の豚

紅の豚

 

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

【お知らせ】薬膳ランチ、始めました

f:id:yoshiko1260:20190116181100j:plain

 11月より浅草橋のカフェにて不定期ではありますが、月に1〜2回薬膳ランチを提供することになりました。

 

 “薬膳って難しそう…”
 “特別な材料が必要そう…”
 “薬草の臭いがしそう…”
そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、薬膳とは日常的に取り入れられる普通のお食事でもあります。

薬膳を身近なものであることを皆さんに知っていただけるよい機会と思いランチをご提供させていただくことになりました。 

『Little Japan 気まぐれランチ』では、源保堂鍼灸院・薬膳部が日常的な食材でもできる季節の薬膳ごはんをランチとしてお出しします。

 

薬膳ってどんなもの??
そう思っている方も、そうでない方も、ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。
ココロもカラダもほっとするものをご用意してお待ちしております!! 

 

◎ 1月の出店予定日

2019年1月 21日(月)、28日(月)

10時〜16時30分ごろまで

※ ランチは12時ごろからご提供予定です。

 

◎ 場所

Little Japan リトルジャパン

www.littlejapan.jp

東京都台東区浅草橋3-10-8
JR総武線浅草橋駅 西口 徒歩5分、都営浅草線浅草橋駅 A4出口 徒歩7分

Little Japan・きまぐれキッチンでは、日替わりで魅力的なメンバーがランチを提供しています。詳細は、Little JapanのFacebookなどでご確認ください。

 

 

冬の薬膳ランチのほか、
オーガニックマサラチャイ、
タンポポコーヒー、
箱根銘菓・温泉餅
などのお飲物やおやつもご用意しておりますので、カフェとしてもお立ち寄りください。

 

f:id:yoshiko1260:20190116232427j:plain

<11月、12月の冬の薬膳ランチ>
黒米とくるみの炊き込みごはん
根菜の粕汁
蒸し鶏と季節のお野菜
赤ちゃん番茶

 ※1月の薬膳ランチは別のものをお出しする予定です。

 

 

まちのゲストハウス考

まちのゲストハウス考

  • 作者: 真野洋介,片岡八重子,明石健治,豊田雅子,飯室織絵,加納亮介,蛇谷りえ,井筒もめ,森岡咲子,武田昌大,田中惇敏,西村祐子,Yone(米村知倫)
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
中村好文 集いの建築、円いの空間

中村好文 集いの建築、円いの空間

 
田舎の力が 未来をつくる!: ヒト・カネ・コトが持続するローカルからの変革

田舎の力が 未来をつくる!: ヒト・カネ・コトが持続するローカルからの変革

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

くるみ、干し椎茸と黒米の炊込みご飯 冬の薬膳

f:id:yoshiko1260:20181218230355j:plain

クルミと黒米の炊込みご飯 冬の薬膳

東洋医学では冬の臓器は腎が当てられています。
ホルモンや骨、脳なども関係するので、腎を補う食材はアンチエイジング効果があるものです。
乾物にも腎を補うものがあるので上手に取り入れてみてください。

一年で最も日の短くなる冬至(とうじ)のことを

一陽来復(いちようらいふく)』

とも言います。

古来中国では、この日を “陰が極まり陽が生じ始める日” と考え一年の始まりとしていた時期もありました。

冬至を境に日照時間も少しずつ長くなっていきますが、寒さはこれからが本番です。
芽吹いたばかりの陽の気を大事に育てるためにも、身体を冷やさないようにすることが大切です。
食事も体を温めるものを摂ることはもちろん、陽の気を育ててくれるものをとるようにします。

漢方の生薬は、どのような製法によって作られたかによって、その生薬の特性も変わると考えます。
例えば、酒蒸しをすれば体を温める効能が強くなったり、塩を用いれば腎を補う作用や腎の経絡に入りやすくなったりします。

冬の時期は本来植物も少なく、昔は保存していたものを食べることがほとんどであったと思います。
干し椎茸などの乾物は、太陽の力を利用して保存食にしたものですので、その陽の気を補ってくれるものと考えられます。

忙しいとなかなか取り入れられないことが多い乾物ですが、簡単に戻せるものもあるので上手に使いたいものです。
年越しそばの出汁やおせちの煮物など折角の機会には取り入れてみてください。
 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain クルミと黒米の炊込みご飯

<食材のポイント>  

◆ どんこ(干し椎茸):腎を補う、気を補う

**食材の解説**

干し椎茸は干すことによって保存できるようになるだけでなく、うま味も増し、更に栄養価も優れたものになります。

椎茸の効能としては、

  • 胃腸を養い元気にする
  • 止血する

といった作用があります。干し椎茸は、天日干しすることでエルゴステロールビタミンDへと変化することが知られています。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にしてくれるものですので、干し椎茸は東洋医学的には骨と関係する、腎の働きを助けてくれる食材、と考えられます。

また、食物繊維が多く便通を促したり、免疫力と関係するβ−グルカンも含みますが、消化力の弱い人は逆に負担になりますので食べ過ぎには注意しましょう。

ちなみに江戸時代の『本朝食鑑』の椎茸の項には、

『能く葱・蒜(にら)の臭気を除き、葱羹(あつもの)に二・三箇入れると臭気は薫じない。あるいは蒜を食べた後、二・三茸を食べれば、口臭も消え、人の旁でも蒜の臭気は覚えない。』

とありますので、気になる方は是非試してみてください。

 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ 黒米:腎を補う、血液を補う

 ◆ くるみ:腎を補う、肺を温める、通便を促す

 ◆ 白米:元気をつける、胃腸を整える

 <材料>

  • 白米   ・・・・ 1・3/4合

  • 黒米   ・・・・ 1/4合

  • くるみ  ・・・・ 50g

  • 干し椎茸  ・・・・8g 

  • (薄口)醤油  ・・・・ 大さじ2

  • 酒   ・・・・ 小さじ2

<作り方>

  1. 干し椎茸を戻しておく。白米と黒米を研ぎ、1時間程度浸水する。

  2. 戻した干し椎茸とくるみを粗くみじん切りする。

  3. 炊飯器に白米、黒米、干し椎茸の戻し汁、醤油、酒を入れ、炊飯器の分量まで水を入れ、炊飯する。炊き上がったら全体を混ぜてお椀によそる。 

 

*** 冬におすすめの薬膳レシピ *** 

yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

天乃屋 古代米煎餅 14枚×12袋

天乃屋 古代米煎餅 14枚×12袋

 
【黒米入り】信州りんご米せんべい 12枚入り×6袋

【黒米入り】信州りんご米せんべい 12枚入り×6袋

 

 

奥薗流・いいことずくめの乾物料理

奥薗流・いいことずくめの乾物料理

 

 

 

 ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

薬膳講座 開催します!2018年11月7日(水)『忙しいあなたも気軽に薬膳ヨルごはん』

f:id:yoshiko1260:20181030221850j:plain

 

9月より薬膳の講座を定期的に開催することになりました。

すでに第1回は終了してしまったのですが、第2回の開催をご案内です。

 

 

2018年11月7日(水) 

カラダのトリセツ講座 実践編

『忙しいあなたも気軽に薬膳ヨルごはん』第2回

〜慌ただしい冬のほっこり薬膳〜 

 

“薬膳”と聞くと、

 たくさんの生薬が必要なの?
 特別な材料が必要?
 すべてきちんと料理しなければいけないの?

といったイメージがありますよね。

でも、大丈夫!

薬膳はスーパーで買えるもので作れたり、日常的に作れたりする身近なお食事なのです。

この講座ではカラダのトリセツ講座の実践編として、季節ごとに薬膳ヨルごはんをご紹介します。

平日の夜の開催ということもあり、季節の食養生のポイントをお話ししながら、ご用意した季節の薬膳ごはんを実際に召し上がっていただきます。

お仕事から帰ってささっとできる工夫や、季節ごとの陰陽五行に合わせた食材の選び方もお伝えいたします。

 

第2回『忙しいあなたも気軽に薬膳ヨルごはん』

◎ 日時

2018年11月7日(水)
19時15分(受付19時00分)〜21時20分
◎ 会場
渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室5(調理室)
東京都渋谷区桜丘町23-21
http://www.shibu-cul.jp/

◎ 会費
受講料:4500円(お試し価格 食材費、施設利用費、消費税込み)
◎ お申し込み
お申し込みとさらなる詳細はコチラ↓↓から

 

カラダのトリセツ講座 実践編 『忙しいあなたも気軽に薬膳ヨルごはん』第2回 | Peatix

 

 

スタッフ一同、みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

開催・運営に関するお問い合わせは

◎オトハル塾運営事務局  http://otoharu.com/contact/

◎源保堂鍼灸院 https://genpoudou.com/

 

 

ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

蕪ときのこのバルサミコあえ 秋の薬膳

f:id:yoshiko1260:20181025151105j:plain

寒い時期は食べるものも生よりも加熱したものがよいです。
生野菜のサラダなどは春まではお休み。
バルサミコとオリーブオイルで和えるだけなので、サラダのかわりに取り入れてみてください。

薬膳では、体調や体質だけでなく、その時期にあったものを摂ることも非常に大切です。
ここでは季節ごとに薬膳レシピを紹介していますが、スーパーにいけば年中手に入る食材も多く、生活自体も季節感を感じにくくなっています。
昔は季節のものしか手に入らず自然に季節のものを摂っていたわけですが、選択の自由が多い今の社会では、季節にあわせて食材を選ぶ、ということ逆に難しくなっていると感じます。

食養生のお話をしていて、寒くなってきたので旬のお野菜も温かく摂ってください、とお話しすると、

「生野菜がいい、と聞いたので、レタスとトマトのサラダをがんばって食べていたんですけど…。」

「○◯という野菜がいい、と聞いたので、おいしくないけど毎日食べています…。」

と話される方がおります。

健康にいいはずだから、とご本人はせっかく努力されているのですが、体に合わないために体調を崩してしまう、という本末転倒なことになっていることがあるのです。

夏によい食材でも、冬に摂れば体調を崩す原因になることもあります。
旬のものをとる、ということを意識するだけでもよいです。
また、寒くなり始めたら調理法も温かく摂ることを意識してみてください。

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 蕪ときのこのバルサミコあえ

<食材のポイント>  

◆ 蕪菁・蕪(かぶら):消化を促す、解毒する

**食材の解説**

多種多様な品種がある蕪ですが、日本では奈良時代には食されていたほど古くからある食材です。

「蕪菁は、上下ともに平素日用の菜であり、諸葛孔明の種をまつまでもなく、民間では毎(つね)に住むところで四時いつでも採り用いている。」

と江戸時代の『本朝食鑑』には記されており、今よりも身近なものであることが伺えます。 

中国では2000年前には食されており、「諸葛菜」とも呼ばれます。
三国志で有名な諸葛孔明が遠征の際に食料確保のために兵士に蕪の種をまくよう指示していたことに由来するようです。

 

東洋医学的には、

  • 消化を促す
  • 気を下ろす
  • 痰を取る
  • 咳をとめる

といった効果があります。

『本朝食鑑』には、

「蕪菁の根茎は、気を下し食を消すけれども、脾胃の気を傷(そこな)わないので、平生の飲食の助けとする。その有益さから、上下ともにこれを用いずということはない。」

とありますので、かぶは味だけでなく、その効能も胃に優しいものです。
かぶには大根と同じく、ジアスターゼという酵素が含まれており消化を進めてくれることが現代の栄養学でもわかっています。

胃の弱い人にもよい食材ですので、秋から冬にかけて取り入れてほしい食材の一つです。

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ きのこ:気を補う、通便を促す

 ◆ くるみ:肺を温める、通便を促す

 ◆ 白ごま:肺や皮膚を潤す、通便を促す

 <材料>

  • 蕪(大)   ・・・・ 1個

  • しめじ   ・・・・ 1/2株

  • エリンギ   ・・・・ 1/2パック

  • クルミ  ・・・・ 4個

  • 白ごま  ・・・・ 大さじ1

  • バルサミコ   ・・・・ 大さじ1

  • オリーブオイル  ・・・・ 大さじ1

  • 塩   ・・・・ 小さじ1/2

<作り方>

  1. 蕪は1〜2センチのこして葉を落とし、くし切りにして皮をむく。1分ほど塩ゆで(分量外)する。

  2. しめじ、エリンギは石突を落として食べやすい大きさに切る。少量のオリーブオイル(分量外)をひいたフライパンでしんなりするまで焼く。

  3. バルサミコ、オリーブオイル、塩をいれたボウルに1、2を入れ、粗く砕いたクルミ、白ごまを加えて和える。 

 

*** 秋におすすめの薬膳レシピ ***

yakuzen-gohan.hatenablog.com

 

唐沢果実園の国産くるみ(中粒)500g+割り器セット
 
有機アチェート・バルサミコ・ディ・モデナI.G.P 250ml

有機アチェート・バルサミコ・ディ・モデナI.G.P 250ml

 

 

ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

焼き林檎とイチジクのクリームチーズ 秋の薬膳

f:id:yoshiko1260:20181019200420j:plain

土用は胃腸が弱る期間なので甘いものは控えめが肝腎。
とはいえおいしいものが多い季節。
林檎とイチジクの自然の甘みをデザートで取り入れてください。

 

“土用”とは、季節を完成させて次の季節にバトンタッチする準備期間
この時期は、東洋医学における脾、消化器官が疲れやすい時期です。
甘いものや冷たいもの、生ものが多くなると、消化機能が落ちて風邪をひきやすくなったりしがちな時期です。

特にこの時期体調を崩す方に、
「甘いものはしばらく控えた方がよいですよ」
とお伝えすることがあります。
すると非常に残念なお顔をされることが多いです。

しかしお伝えしているのは、あくまで“控えめに”ということ。
お友達とカフェにいってデザートを楽しんだり、たまに好きなお店でケーキを買ったり、というものまですべてやめなければいけないということではありません。

よくよく患者様のお話を聞いてみると、何となく食べている甘いものが多いようです。朝は時間がないのでコンビニで買った菓子パンで済ませ、
仕事をしながらチョコレートを食べ、
少し疲れたなとカフェで甘いカフェラテを飲み、
お夕飯の後に習慣としてアイスクリームを食べ、…
というパターンではないでしょうか?

せっかくの甘くおいしいものも、何となく、で無駄に食べてしまったら台無しだと思います。

上手に使えば、甘いものは場の空気を和ませてくれたり、気持ちを穏やかにしてくれるものです。
甘いものと上手につきあって、体調を崩さないようにしてください。

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 焼き林檎とイチジクのクリームチーズ

<食材のポイント>  

◆ 林檎(りんご):肺や腸を潤す、胃を養う

**食材の解説**

林檎が赤くなると医者が青くなる、
ということわざがあるように、林檎は果物の中でもさまざまな効用があります。

東洋医学的には

  • 体や肺を潤す
  • 熱を取りイライラを収める
  • 食欲を増し二日酔いを解消する

といった効果があります。

林檎は整腸作用と通便作用の両方の作用があるので、便秘の人でも下痢の人でも向く食材です。
果物のほとんどは体を冷やす性質ですが、果物の中でも温州みかん、ぶどう、林檎は体を冷やす作用が強くないので、冷え性の人でも食べやすいものです。
しかし、最近の果物は甘いものが多く、甘みが強いものは冷やす作用が強くなると考えてよいです。
甘みだけではなく、酸味とのバランスがとれたものを選ぶとよいと思います。

1978年に出された『食物ことわざ事典』で林檎に関することわざのコラムの末尾に、

「最近はバナナなどの甘いくだものに押され、林檎を食べる人が少なくなり、青森辺りではりんご園をつぶす農家などが多くなっています。酸味のあるものより甘味の多いものをうまいと感ずるようになった一例で、日本人の食味感覚が子ども舌になってきた証拠と言えましょう。」

とあり、この頃からすでに甘みを求める日本人の姿が伺えます。

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ イチジク:胃腸を丈夫にする、肺を潤す、解毒する

 ◆ (クリーム)チーズ:肺や腸を潤す

 ◆ くるみ:肺を温める、腸を潤す

<材料>

  • 林檎(大)   ・・・・ 1/2個

  • イチジク   ・・・・ 1個

<作り方>

  1. 林檎は芯と皮をむき、1センチ程度に切る。イチジクは皮をむき、8等分にする。クルミは粗く砕いておく。

  2. 耐熱容器に林檎とイチジクを並べる。温めたトースターかオーブン(200度程度)で、林檎とイチジクがしんなりするまで10分程度焼く。

  3. 2をとりだし、クルミクリームチーズをちぎってのせ、さらに表面に焦げ目がつくよう2〜3分焼く。

*** 秋におすすめの薬膳レシピ ***
yakuzen-gohan.hatenablog.com

  

オーガニックひだまりドライいちじく 120gx3袋

オーガニックひだまりドライいちじく 120gx3袋

 
食物ことわざ事典

食物ことわざ事典

 

 
ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

鮭ときのこの炊き込みごはん 秋の薬膳

f:id:yoshiko1260:20180926155148j:plain

秋は過ごしやすい気候なので心身ともに補っておくことが大切。
実りの秋を迎えておいしい食べ物もたくさん食卓に上ります。
炊き込みごはんはたくさんの食材を一度にとれるので忙しい人でもできる薬膳です。

実りの秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、…
とさまざまに形容される秋ですが、秋は四季の中でも気候が穏やかで過ごしやすい時期です。

秋分の頃は、秋も半ばとなり昼夜が同じ長さになり、陰陽が平衡する時期です。
心身ともに安定しやすい時期ですので、この時期にしっかり精気を養い、冬に備えておくとよいです。

しっかりと栄養のあるお食事をすることも大切ですが、五感器を養うことも気の栄養になります。

  • お食事を彩り豊かにする
  • お気に入りの食器を使う
  • 香りのよいものを取り入れる

と工夫するだけでいつものお食事が楽しくなります。

また、よい音楽に触れたり、好きな絵画をみたり、空気のよいところで紅葉を楽しんだり、というのもよいでしょう。

少しずつ秋が深まり寒さも増してくると気持ちもブルーになりがちですが、日々に楽しみを見いだすことで心身ともに充実することができます。

 

f:id:yoshiko1260:20160828194658p:plain 鮭ときのこの炊き込みごはん

<食材のポイント>  

◆ 粳米(うるちまい):気を増す、胃を養う

**食材の解説**

秋になると待ち遠しいのが新米。
炊きたてのごはんはそれだけでもご馳走になるほどおいしいものです。

稲(いね)の語源は、

「命(いのち)の根」、

「息(いき)の根」

の意と言われています。

江戸時代の本、『本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)』には、

五臓を補い気血を益し、百病を治し、人間に一日もなくてはならぬものである。」

とあり、いかに重視していたかがわかります。

東洋医学的には、

  • 胃腸を丈夫にして力をつける
  • 消化吸収能力を回復させる
  • ストレスやのどの渇きを解消する
  • 下痢を止める

といった効果があります。

消化が良くない人はおかゆにするのもよいです。
薬膳でもおかゆは多種多様なレシピがあり、組み合わせる食材によってさまざまな効能を発揮します。

また、お米にはレジスタンススターチと言い食物繊維の用な働きをする作用もあります。
極端に炭水化物を抜くと便秘になることもあるので気をつけましょう。

栄養面では、ミネラル・ビタミンを多く含む玄米の方が優れていますが、消化が良くないので胃の弱い人は白米や胚芽米などの方がよいでしょう。 

今回のレシピで使っているその他の食材

 ◆ 鮭:気血を養う、気血を巡らす、お腹を温める

 ◆ きのこ:気を補う、通便を促す

 ◆ しそ:気を巡らす、解毒する、お腹を温める

 ◆ 白ごま:肺や皮膚を潤す、通便を促す

<材料>

  • 白米   ・・・・ 2合

  • 鮭   ・・・・ 2切れ

  • しめじ   ・・・・ 1/2株

  • えのきだけ   ・・・・ 1/2株

  • しいたけ(中)  ・・・・ 2個

  • 酒   ・・・・ 大さじ2

  • 醤油  ・・・・ 大さじ3

  • しそ   ・・・・ 適量

  • 白ごま  ・・・・ 適量

<作り方>

  1. 白米は水で研ぎ、30分〜1時間浸水する。

  2. 鮭は食べやすい大きさに切り、酒(分量外)をふりしばらくおく。

  3. きのこは石突をとり、食べやすい大きさに切る。少量の油をフライパンにひき、しんなりするまで炒める。

  4. 炊飯器に白米をいれ、酒、醤油をいれ、2合の分量まで水を入れる。余分な水分をキッチンペーパーでふいた2と3を入れ炊く。

  5. 炊きあがったら鮭の皮を取り、全体を混ぜる。お椀に盛り、千切りしたしそと白ごまをのせる。 

*** 秋におすすめの薬膳レシピ ***
yakuzen-gohan.hatenablog.com 

ニッスイ 紅さけ水煮 210g

ニッスイ 紅さけ水煮 210g

 
ストー 鮭中骨水煮 EO T2

ストー 鮭中骨水煮 EO T2

 
一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 


ブログ薬膳ごはん 表参道にある源保堂鍼灸院の薬膳部が担当する薬膳・医食同源ブログ

表参道・青山・渋谷・原宿・外苑前エリアにある源保堂鍼灸院 伝統的なはりきゅう施術をしています

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...